グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食の豆知識

「土用の丑の日」にうどん? つるり爽快、食べやすく

2017/7/19

PIXTA

 暑い暑い暑い暑い。

 こうも暑いと食べたいものなんてだいぶ絞られてくる。朝は冷たいコーヒーでパンを飲み下す。夜は何は無くともまずビール、あとは枝豆、漬物などでしばらく涼んでからやっと胃が動き出す。最も太陽にうんざりしている昼は、その日の体調に合わせ「カレーで挑む」か「つるつる麺で逃げる」かの二択となる。

何の変哲もないうどん=PIXTA

「つるつる麺で逃げる」と言っても私の場合、とことん逃げたい日は汁なし坦々麺ではない。ウニとキャビアの冷製カッペリーニや、手打ちの十割蕎麦もちょっと違う。うどん、それも何の変哲もない、色気もないうどんが望ましい。

 それが近所であれば最高だ。ネットで話題の新規店に電車を乗り継いで行くなんて、暑さで弱っている人間のすることではない。近所のありふれた店で、何ということもないうどんを、さして高揚することなくつるつるとおさめる。それが暑さと世間に負けそうな自分をリラックスさせる、最高の夏昼ごはんなのだ。

つやつやの稲庭うどん

 しかしこの「何ということもないうどん」が、私の今の生活だと実に得難い。

 都心にお勤めなら問題ない。弊社や御社の近くのビルにはたいてい地下街があるし、そこには昔っから「うどん蕎麦どんぶり定食何でもありの店」が一軒はあるものだ。

うどんがセットになった定食=PIXTA

 新入社員のときに課長から教えてもらった「店名を冠した特製うどん」は、自分が課長になっても変わらぬお気に入りだったりするだろう。メニューも見ずに「日替わりうどん定食」しか頼まない上司のもとについたこともあったろう。大手町や神田は言うに及ばず、たいていのオフィス街であれば昼にうどんを食べるのは容易なことだ。

 西の地方にお勤めであれば、なおさら問題ない。会社や客先から数分の位置に、うどんを食べさせる店が何軒あることか。

名古屋名物カレーうどん

 私の名古屋支社時代を鑑みても、ビルの目の前に2軒、日土地ビルの地下に1軒、その一本裏手の道に3軒、御園座方面へ信号を渡ればさらに選択肢がうんと広がる。

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL