powered by 大人のレストランガイド

シューマイ、横浜の味 「何でもあり」で日本人を魅了

PIXTA
PIXTA

「よく来たね。あれ買っといたよ」

私には「横浜のおじちゃん」と呼ぶ人がいた。おじちゃん、と言っても血縁関係はなく、父の学生時代からの友人だ。父とは学校も違えば住むところも違い「いつ、どこで友達になったかわからない」という間柄だったという。だが私は妙にこのおじちゃんになつき、またおじちゃんも妙に私を可愛がってくれた。

彼の魅力のひとつに「私の好物をよく覚えていて、それをわざわざ用意してくれる」というところがあった。好物をくれる人に悪い人はいない。

崎陽軒の特製シウマイ

近所の肉屋の胡椒が効いた丸いコロッケ、元町で買ってくるスイスのミントチョコレート、中華街の蒸しカステラや月餅、どれも横浜で知った好物だ。中でも「博雅亭のシューマイ」は、私もおじちゃんも大好物。「これが本物のシューマイなんだよ」と得意げに笑う顔を、今でも思い出す。

シューマイといえば横浜、横浜といえばシューマイである。

いったい横浜市には「駅にはシューマイの売店を置くこと」という条例でもあるのだろうか?と勘ぐりたくなるほど、どの駅で降りてもシューマイの熱い歓迎が止まらない。特に本丸の横浜駅周辺は、なんと崎陽軒だけで14店舗もある凄まじさ。街を歩けばシューマイに当たるといっても過言ではない。

だがそれもそのはず。実はシューマイは、横浜から全国へと広がっていった食べ物なのだ。

崎陽軒のシウマイ全種盛り合わせ

外国文化は、港から入って来る。横浜港が開港したのは、1859年。明治に入るころには、欧米人より中国人居留者の方が多くなったという。

中国人の出身地でイチバン多かったのは広東で、彼らは山下町に固まって住んでいた。「中国人が3人集まれば中華料理店ができる」と言われるように、横浜にも中華料理店ができる。そう、日本最大の中華街の始まりである。

「シューマイ」という呼び名のルーツは広東語

広東出身者がシューマイを作るのは自然な流れであったろう。中国には「北方的餃子、南方的焼売(北の餃子、南のシューマイ)」ということばがあり、特に広東のシューマイは有名である。日本での呼び名「シューマイ」も、広東語の読み方が元になったものだ。シューマイは横浜中華街が栄えるとともに、その名を全国に知られるようになっていった。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド