powered by 大人のレストランガイド

あんこう鍋、シメに焼きそば しょうゆがつなぐ港の味冬の茨城を味わう(2)

そろそろ食べごろ 左がだい身、右に肝 間に見えるのがえら

まずはだい身を食べてみる。白身で脂肪が少なく繊細な味わい。しかしコラーゲンを多く含むため、ぷりぷりとした食感だ。

一方肝は濃厚な味わい。脂肪の含有量はマグロのトロをはるかにしのぐ。だい身のあっさりとのコントラストがあんこうの魅力でもある。

そしてコラーゲンをたっぷりと。皮やひれ、胃袋などはいずれもぷりっぷり。あんこうならではの食感が楽しめる。

あんこう本来の淡泊な味わいが魅力

そんな「すみよし」のあんこう鍋のおいしさのカギになっているのは、透明なスープ。

茨城県内では「どぶ汁」と呼ばれる味噌仕立てのあんこう鍋もあるが、そのルーツは「漁師めし」。船上で、捕れたあんこうをその場でさばいて鍋にするため、臭み消しの味噌が不可欠だった。

一方「すみよし」では、時間をかけた下ごしらえで徹底的に臭みを取っているため、かつお出しのあっさりしたスープで、あんこう本来の淡泊な味わいを引き出している。

そのスープの味付けのカギを握っているのが、地元産のしょうゆだ。

しょうゆ焼きそば

実は「すみよし」にはあんこう料理と並ぶ看板メニューがある。焼きそばだ。中でも「しょうゆ焼きそば」の人気が高い。

しょうゆを加えて焼くのではなく、味をつけずに炒めた麺を皿に盛り、好みの量のしょうゆをかけながら食べる。

しょうゆの豊かな香りと輪郭のはっきりとした味は、ソース焼きそばや中華焼きそばでは味わえない、斬新な味覚だ。

黒澤醤油店の「醤蔵(ひしおぐら)」と「仁右衛門」(右)

那珂湊は漁業のまち。古くから水産加工業者向けに地元でしょうゆが作られていた。食品のプロが使うしょうゆだけに、醸造する側も料理に使う側も、味へのこだわりは強い。

「すみよし」で使うのは、昔ながらの醸造法で作る地元「黒澤醤油店」のしょうゆ。焼きそばにかけるのは、水の代わりに熟成期間を経た生醤油を使って仕込む「再仕込み」と呼ばれる醸造法の「醤蔵(ひしおぐら)」だ。あんこう鍋も焼きそばも黒澤のしょうゆあってこその味なのだ。

黒澤醤油店に足を運べば味わえる「甘酒醤油ソフト」

そもそも那珂湊の焼きそばは、港で働く労働者たちの空腹を満たすために発達したメニュー。漁業や水産加工業との関わりは深い。

あんこう鍋が味噌味でないのも、焼きそばがソース味でないのも、それは、那珂湊においしいしょうゆがあったから。

どちらもまちのくらしと歴史が作り上げた「地元の味」なのだ。

東京でも大阪でも名古屋でも、もちろんあんこう鍋は食べられる。しかし、わざわざ本場・茨城まで足を運んで食べるあんこう鍋には、また違ったおいしさがあるはずだ。

(渡辺智哉)

大人のレストランガイド

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド