ブレイク予測3:スウェーデン発最新フードの注目株

都市型店舗では1階の入り口付近など目立つ場所に、スウェーデン発の最新フードのコーナーを設けている。食品の中からも年末にかけて話題を呼びそうな商品がある。

例えば度数が0.3%の低アルコールビール「オムニポロ」はその一つ。国内ビールメーカーからも最近、ビールに近い味わいの「低アル」が登場しているが、こちらはフルーティーな「ブルーベリー&バニラ」や「ローズヒップ」などをラインアップするのが特徴だ。苦みを嫌ってビールを敬遠している人でも手を伸ばしやすい。

オムニポロ。ストックホルムにあるクラフトビールメーカーの低アルコールビール。度数は0.3%で、4種類の味がある。実勢価格290円から
ドリュック・フレーデル 濃縮エルダーフラワーシロップ。リラックス効果があるとされるエルダーフラワーを使ったシロップ。希釈する際に、同社のジンジャーエール(左写真)で割るとおいしいと最近SNS(交流サイト)で話題に。実勢価格599円
フヴドロル プラントボール。原材料にエンドウ豆由来のたんぱく質などを使った、動物性成分を含まない冷凍ミートボール。凍ったまま電子レンジやオーブンで調理できる。実勢価格699円

(日経トレンディ 高田学也、写真 中本浩平)

[日経トレンディ2021年10月号の記事を再構]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。

MONO TRENDY連載記事一覧