森永製菓が工場ミュージアム 創業120年トリビア満載

「森永エンゼルミュージアム MORIUM(モリウム)」(横浜市鶴見区下末吉2-1-1 森永製菓 鶴見工場敷地内)。施設の総面積は1985平方メートル。休業日は土日・祝日および工場休業日(写真提供/森永製菓)
日経クロストレンド

森永製菓が、見学施設「森永エンゼルミュージアム MORIUM(モリウム)」を2022年1月12日にオープンした。新型コロナウイルス禍を鑑み、事前予約制で、入場者数を制限する。森永製菓が洋菓子を広めるために行った、斬新な広告宣伝の数々を見られるのがこの施設の特徴だ。

歴史や技術、思いを伝えるのが目的

「森永エンゼルミュージアム MORIUM」(以下、モリウム)は、2019年の森永製菓創立120周年を記念して新設され、当初は20年春にオープンの予定だった。しかし新型コロナウイルス感染症の拡大により、約1年半延期して、22年1月12日にオープンした。

モリウムは、シアタールームや展示室、ミュージアムショップのある1階と、ワークルーム(現在は休止中)のある2階という2フロアで構成されている。入場料は無料で、施設見学と工場見学がセットになった1回70分ほどのガイド付きツアースタイルの見学施設だ。新型コロナウイルス感染症の感染予防対策として、当面は1日3回、1回30人を入場者数の上限とし、公式サイトからの事前予約制となる。予約受け付けは、21年12月13日の午前9時にスタートした(22年1月12~28日分)。

展示室、ミュージアムショップのある1階フロア。写真中央の奥の扉がシアタールームの入り口。白を基調とした空間デザインは、近未来をイメージし、「これからお客様と一緒に歩み、創造し、未来を色付けていきたい」という思いが込められているという(写真提供/森永製菓)

名称は「MORINAGA(森永)」とラテン語で場所を意味する「ARIUM(アリウム)」を組み合わせたもので、MORINAGAが生み(UM)出す様々な価値を体感してほしいという思いを込めたという。21年12月3日に開催された体験見学会で、森永製菓の太田栄二郎社長は、「このミュージアムで、森永製菓が常に時代と共に歩んできたことを感じていただき、お客様との新たなコミュニケーションの場としたい」と語った。

「森永製菓のこれまでの120年とこれからを、お客様と共有する施設にしたい」と語る太田栄二郎社長
発表会ではテープカットを行った。写真左から鶴見工場長の十倉康充氏、取締役常務執行役員の宮井真千子氏、太田社長、モリウム館長の中島庸子氏、キョロちゃん
次のページ
モリウムのガイド付きツアー見学体験