背中の接地面を減らして通気性を確保

アンダーアーマー「UAクール バックパック 2.0 30L」(1万4300円) 、幅31×高さ52×厚さ18センチメートル

バックパックの悩みでもある、背中の蒸れを解消したいという思いから作られた「UAクール バックパック 2.0 30L」。冬はもちろん夏も快適に使える構造になっているため、1年を通して幅広いシーンで活用できる。

バックパックを背負った際に、背中の最も盛り上がる部位にパッドを搭載。背中の接地面を減らすことで、通気性を確保している。パッドは体に沿った形状になっており、蒸れを抑えると同時に背中をサポートし、快適な背負い心地を実現する。

メインコンパートメントの内部には仕切りがついており、シューズや運動後の着替えなどを分けて収納できるなど、仕事帰りのジムトレーニングに役立つ機能となっている。本体にサイドファスナーを備え、メインコンパートメントに素早くアクセスできるのも便利だ。

また、メインコンパートメントとは別に、背面に独立したPC収納部も搭載。スポーツやレジャー、ビジネスまで幅広く使える万能バックパックとなっており、実際に「スポーツ用途だけでなく日常使いでも非常に好評なバックパック」(伏屋氏)。

本作は名前に「2.0」とあるように、バージョンアップしたシリーズ2代目。ポケットの位置や仕様などユーザーの意見を反映し、より快適に使いやすくなったことも人気の理由だろう。

背面の体をサポートするパッドにより通気性を確保。背中の蒸れを軽減する
メインコンパートメントに仕切りがあるため、タオルとシューズなどを分けて持ち運べる
背面に独立したPC収納部を備えておりビジネスユースにも対応

(ライター 津田昌宏、写真 宮前一喜、スタイリング 宇田川雄一)