東京タワーにeスポーツ施設 最新の映像技術を駆使

目玉の1つ、5階に設置した「RED° TOKYO TOWER SKY STADIUM」。床と壁面3面がすべてディスプレーとなっており、リアルな人物やセットとCGを組み合わせたステージ演出が可能
日経クロストレンド

東京eスポーツゲート(東京・港)は2022年4月20日、eスポーツ施設「RED° TOKYO TOWER」をオープンする。東京タワーフットタウン内の3、4階にはアミューズメントコンテンツ、5階には4面の巨大ディスプレーで構成するステージや、32台のゲーミングPCを備えたスペース、配信スタジオなどeスポーツ用の設備を組み入れた。3月3日のメディア向け内覧会では5階のみを公開した。

東京eスポーツゲートは、20年12月に設立されたスタートアップ。eスポーツ施設の運営、外部施設を使ったeスポーツイベントの企画・興行、メタバースやNFT(Non Fungible Token、非代替性トークン)などの技術を活用したデジタル事業の3つを柱に事業を展開する。

22年4月にオープンするeスポーツ施設「RED° TOKYO TOWER」(以下 RED°)はその旗印ともなる施設。レトロゲームコーナーやVR(仮想現実)ゲームコーナー、ショップで構成する3階の「INSPIRATION ZONE」、テクノロジーを使った「超人スポーツ」やドローン競技などの体感型コンテンツを楽しめる4階の「ATTRACTION ZONE」、eスポーツイベントなどでの活用を想定したステージを備える5階の「ULTIMATE ZONE」から成る。1階にはオープン後にファミリーエリアやカフェ/レストランも設ける計画だ。

メディア内覧会で説明をする東京eスポーツゲートの原康雄社長
次のページ
「見る」「プレーする」両面に対応する施設