日経Gooday

耐えがたいかゆみで悩んだら

長い間、医療の世界でかゆみは「痛み」ほど重要視されてこなかった。しかし、かゆみを感じるメカニズムが解明された今、患者のQOLを低下させる重要な症状として世界中で研究が進んでいる。

ただ、最新研究と実際の医療のギャップはまだ残っている。高森特任教授は「アトピー性皮膚炎をはじめ抗ヒスタミン薬が効かないかゆみの病気は多いが、日本ではまだ漫然と処方されているケースも少なくない」と言う。

特に原因不明のかゆみの場合では、患者が多くの医療機関を渡り歩くケースも多い。高森特任教授は「かゆみの原因となる基礎疾患がないか、まずはしっかりした検査を受けてほしい。高齢者では多種類の薬を併用していることも多い。かゆみを誘発する薬剤は多いので、適正かつ最小限の処方を心がけることも重要だ」と話す。

そして、正しい保湿とスキンケアを心がけた上で(前回記事「『かゆみ』の悪循環を断つには 保湿と紫外線で対策」参照)、かゆみの治療に積極的で抗ヒスタミン薬以外の治療の提案をしてくれる皮膚科医に相談し、自分に合った有効な治療法を見つけていくことが重要だ。皮膚掻痒症を改善できる治療法として専門家が科学的に評価した「皮膚掻痒症診療ガイドライン」の2020年版でも、神経痛などに用いられるプレガバリン、漢方薬、カプサイシンを含んだ軟膏、抗不安薬などの向精神薬など複数の治療の選択肢が示されている。

高森特任教授は「かゆみの治療はこれから急速に進歩するだろう。抗ヒスタミン薬だけにこだわらず、いろいろな治療法を患者と一緒に探してくれる医師を見つけ、自分に合った治療を探してほしい」とアドバイスしている。

(ライター 荒川直樹、図版制作 増田真一)

[日経Gooday2021年12月3日付記事を再構成]

高森建二さん
順天堂大学大学院医学研究科環境医学研究所 順天堂かゆみ研究センターのセンター長。1967年順天堂大学医学部卒業。米国Duke大学医学部Research Associateなどを経て、93年同大学教授。2005~12年順天堂大学医学部附属浦安病院院長、07年より順天堂大学大学院医学研究科医学研究科特任教授、08年より同大学院環境医学研究所所長。かゆみ、アトピー性皮膚炎、難治性かゆみなどを専門とする。順天堂大学大学院医学研究科・環境医学研究所が19年に設立した、かゆみの治療に特化したアジア初の研究機関、順天堂かゆみ研究センターのセンター長。

「日経Gooday 30+」の記事一覧はこちら

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。