滝藤賢一 憧れだったロレックス、子供たちに渡したい

書籍『服と賢一 滝藤賢一の「私服」着こなし218』を発売した滝藤賢一さん

ドラマ『半沢直樹』や映画『孤狼の血』など数々の話題作に出演し、名バイプレーヤーとして評価されている滝藤賢一さん。仲代達矢さん主宰の俳優養成所「無名塾」出身の彼が紹介してくれたものは、長年愛用しているというロレックスの腕時計だった。

11万円で買ったデイトジャスト

「このロレックスは無名塾在籍時に先輩から購入しました。僕が上京した96年ごろは、ダウンタウンの浜田雅功さん、木村拓哉さんたちがヴィンテージデニムをはいていて、ものすごくはやっていた。とんでもない値段がついていましたからね。逆にロレックスは今ほど値段が高騰していなかった時代だと思います。

無名塾に入って、4年目くらいの頃だったかなぁ。もう何年も憧れていたロレックスへの欲望が爆発したんですね(笑)。先輩にこのデイトジャストを売ってもらいました。確か、11万円ほどだったかな」

「売ってもらったとき、このデイトジャストはボロボロでした。ブレスレットもビロンビロンでしたし、オーバーホールに30万円かかりましたからね(笑)。おかげさまで新品のようにピカピカです」

「長年使っていたけれど、子供が生まれたタイミングで、一旦腕時計は外しました。抱っこをすると、子供の太ももに金具が当たって、ケガさせちゃうから。なので、10年間くらいは、タンスの中に眠っていましたね。子供も成長したので、最近復活したんです。

今、子供の生まれた年に作られたロレックスを探しています。僕が死ぬときなのか、子供の成人、はたまた社会人になるときなのかわからないけれど、親から子供に腕時計を受け継いでいけたらすてきじゃないですか? お金かかるー!(笑)」

「時計を譲るとき、子供には『本当に困ったら売れよ』って言います。もちろん売ってほしくはないですけどね(笑)。できれば末永く使って、また自分の子供に受け継いでほしいです」
滝藤さんが今、気になっているものは?「ソファ、ダイニングテーブル、照明など欲しいものだらけです。あっ、でも、手に入らないとわかっているものは欲しくなりますね。例えば、ロレックスのデイトナは、正規の値段ではなかなか手に入らない、となったら『欲しい……』となるかもしれない(笑)」
次のページ
幼い頃から洋服が好きだった
MONO TRENDY連載記事一覧