「『THE FIRST FINAL』のリリースでも書きましたが、このまま『ぬるり』と進んでしまうのは危うい気がしているんです。現に、BE:FIRST以外の『THE FIRST』出身ボーイズもどんどん活動が進んでいます。近いところでは、1月5日にはAile The Shota(SHOTA)の楽曲『AURORA TOKIO』がリリースされ…これ、聴くほどにめっちゃいいんですけど、他曲の制作も進んでいます。

『卒業式』と表現しましたが、実際には『卒業式』というより『祭り』ですよね。こうして各自が本格的に次のステップに進む前に、最後の祭りをドンとやらないといけないし、応援してくださる方のことを考えても、最後の祭りを設ける必要があると思うんです。『なんとなくみんな最近、THE FIRSTの話をしなくなっちゃったな』というさみしさから逃れるためにも、『ここがTHE FIRSTのファイナルだったね』という、分かりやすい祭りを作ったほうがいい。そこは皆さんに信じてほしいし、『THE FIRST FINAL』を通して実感していただきたい部分です。

とにかく、全員の次のステップを最高なものにするためにも、『THE FIRST』をいつでも振り返ることができる過去にすることは必要です。そのうえで、『THE FIRST』が未来に向けて本当に前向きなもの、輝かしいものであったという気持ちをみんなに持ってもらえるように頑張りたいと思っています」

SKY-HI(日高光啓)
『八面六臂(はちめんろっぴ)』
 1986年12月12日生まれ、千葉県出身。ラッパー、トラックメイカー、プロデューサーなど、幅広く活動する。2005年AAAのメンバーとしてデビュー。同時期からSKY-HIとしてソロ活動を開始。20年にBMSGを設立し、代表取締役CEOに就任。約3年ぶりのオリジナルアルバム『八面六臂(はちめんろっぴ)』には、「THE FIRST」に参加し、現在BMSGに所属するAile The ShotaやRUI、REIKOらをフィーチャリングした楽曲も収録している。

【過去の記事一覧と「BE:FIRST」についてはこちら

(ライター 横田直子)

[日経エンタテインメント! 2022年2月号の記事を再構成]