SKY-HI 「THE FIRST」に最後の祭りが必要だった理由連載 SKY-HI「Be myself, for ourselves」(34)

日経エンタテインメント!

今回は『日経エンタテインメント!』2022年2月号の連載分から、1月29日・30日のライブ『THE FIRST FINAL』についてお届けする。ライブは2月上旬にHuluストアでの独占配信も決定している。[「BE:FIRST」や「THE FIRST」についてはこちら

マネジメント/レーベル「BMSG」を率いるSKY-HI(日高光啓)は「新しいカルチャー」を作ることを目指す(写真:上野裕二、ヘアメイク:椎津恵)

SKY-HIがプロデューサーを務め、BE:FIRSTを生んだオーディション「THE FIRST」が、ファイナルライブ『THE FIRST FINAL』をぴあアリーナMM(横浜市)で1月29日・30日に開催する。ステージに立つのはBE:FIRSTのメンバー7人に加え、富士山合宿に参加したNAOKI、RAN、REIKO、RUI、SHOTA、SHUNSUKE、TAIKI、TENの15人。さらには、SKY-HIなどの出演も発表されている。

開催発表時のコメントで、SKY-HIは、「BE:FIRSTは自身の歌詞で“THE FIRST to ”be“受け継いでいく勇気”と語っていますが、まさしくBE:FIRST、そしてそれ以外のTHE FIRST参加者にとっても、更には応援してくださっている皆様にとっても、永遠に残り続ける、母校の様な物であれると感じております」「それぞれの人生を真に前向きに歩いていく彼等の今後のためにも、そして皆様にも、大切な過去として何度でも振り返っていただけるその為にも、一度皆でTHE FIRSTの卒業式を行わねば…ぬるりと移り変わっていくのではなく、区切りを最高の形でつけねば!と思い、この度“THE FIRST FINAL”を開催させていただく事に致しました」(以上、原文ママ)と記している。今回は改めて、『THE FIRST FINAL』への思いとその位置付けについて語ってもらった。

「『THE FIRST』の1番の成功は、そこから誕生したBE:FIRSTのピークが、結成した瞬間にならなかったこと。つまり、『THE FIRST』という番組を見てくれていた人が、結成後も支持・応援をしてくれていることや、むしろ放送終了後に『THE FIRST』および出身者に注目が集まったことが、僕自身にとっては正解であり、大きな成功だったと思いますし、今後もそれは続くと思っています。

そのなかで『THE FIRST FINAL』を開催する理由は3つあります。1つは、出演するボーイズのほとんどは現在BMSGに所属しているアーティストであり、今後も僕やBE:FIRSTと顔を合わせたりする機会が出てくること。もう1つは、22年にはBMSGとして2つ目のグループを作りたいなかで、『THE FIRST』を『歴史』にする必要がありました。つまり、しっかりと『終わらせる』『ピリオドを打つ』ことによって、いつでも振り返ることができるものになるし、いい意味で『過去のもの』にする必要があったんです。3つ目は、これまで『THE FIRST』を応援してくれた人への感謝の気持ちです」