Z世代狙い原宿にフルーツオレ店 スマホで選んで注文

日経クロストレンド

原宿駅付近に開店したThe Label Fruit。Z世代の女性を中心に、新しいトレンドを巻き起こせるか
日経クロストレンド

東京・原宿に、Z世代をターゲットにしたフルーツオレ専門店「The Label Fruit(ラベルフルーツ)」がオープンした。特徴は店頭で商品を販売しないこと。スマホから事前に注文を受け付け、店舗は商品を渡すだけの場所となる。スマホからの顧客の購買履歴やAIカメラを使った店内での動向データを分析し、店舗運営に生かす。

店舗での飲食はNGだが、撮影はOK

フルーツオレ専門店「The Label Fruit」は、モバイルオーダーサービスを展開するShowcase Gig(ショーケース・ギグ、東京・港)と、コインロッカーや通貨幣処理機などを製造・販売するグローリーが、2021年12月15日に共同で立ち上げた店舗だ。両社は21年1月に資本業務提携を行い、今回の出店が実現した。

The Label Fruitは、事前にモバイルオーダーで注文しないと、店舗で商品を受け取れない、「BOPIS(バイ・オンライン・ピックアップ・イン・ストア)」形態の飲食店だ。出来上がりの商品は店頭に設置したロッカーを介して渡すため、完全に非接触で受け渡しができる。店舗はバックヤードで商品を作るスタッフのみで運営されており、販売スタッフはいない。

ショーケース・ギグが事前注文を受け付けるプラットフォームを、グローリーが店頭で受け渡すロッカーを提供し、BOPISのシステムが実現した。

客がモバイルオーダーで事前注文をする様子
客は店舗にあるロッカーから商品を受け取る

事前注文から店頭での受け取りまで、客側の一連の流れは簡単だ。まず来店前に、インスタグラムかグーグルマップに表示される店舗のプロフィル画面から、商品の購入ページにアクセスする。商品を選択し、受け取り時間やクレジットカード情報などを設定。注文が完了すると、店舗から商品を受け取る際に必要な2次元コード(QRコード)がメールで送られてくる。あとは指定の時間に来店して、店内のロッカーにQRコードを読み込ませ、商品を受け取る。