SKY-HI 僕がBE:FIRSTのラジオ出演を大事にする理由連載 SKY-HI「Be myself, for ourselves」(31)

日経エンタテインメント!

BE:FIRSTのメディア露出で際立って目立っているのが、地方局も含めた「ラジオ出演」だ。デビュー曲『Gifted.』がBillboard JAPAN総合ソング・チャート「JAPAN HOT 100」で1位を取った際(11月10日付)のチャート項目でも「全国のFM/AM放送回数」はウイークリー1位を獲得し、12月1日付チャートまでは4週連続8位以内をキープしていた。多数の局で「パワープレイ」(推薦曲)に選出されたことも大きいが、デビューしたばかりのボーイズグループがこれほどラジオでオンエアされることは珍しい。Soundchartsによると、デビューから12月20日まででBE:FIRSTの楽曲のエアプレイ数は707回に上る。SKY-HIはラジオという媒体への特別な思い、ラジオの作り手に対するリスペクトを交えつつ、BE:FIRSTが積極的にラジオ出演する理由を明かした。[「BE:FIRST」や「THE FIRST」についてはこちら

マネジメント/レーベル「BMSG」を率いるSKY-HI(日高光啓)は「新しいカルチャー」を作ることを目指す(写真:上野裕二、ヘアメイク:椎津恵)

「ラジオで『Gifted.』をたくさんかけてもらったのは、シンプルに『音楽的な価値が高い』と思っていただけたことが一番かなと思います。ラジオ番組は、リスナーからのリクエストもあるけど、そもそも良い曲をかけたいという矜持(きょうじ)がある。どの曲をかけるか、どの曲をパワープレイに選ぶかとなった際に、選ばれる曲でありたい。

一方で、アーティスト自身がどれだけ人気があっても、ラジオで流れない曲ってやっぱりあるんです。ただ、時代が変わってきたから、選曲側もダンス&ボーカルの曲=音楽的な価値が低いと考えているわけではなく、フラットに音楽的な価値があるか、面白いか、意義があるかを計っていると思います。そういう意味で、今回たくさんかけていただいたことは誇っていいことだと思います。

僕自身がヒップホップ育ちで、ヒップホップとラジオってめちゃくちゃ密接な関係にあるのもあり、特にラジオという文化は好きなんですよね。数年ほど前まで少し元気がなかった時期もありましたが、『radiko』の拡充でまた復権しているのかなと思うんです。だから今回のBE:FIRSTに関しても、ラジオ番組へのゲスト出演のオファーがあれば極力断りませんでした。

ラジオを大事にした理由は3つあって、その1つは、ラジオは『偶然の出会いを生めるメディア』だからです。ラジオ番組に1度出演すれば、何千人、何万人の『初めてBE:FIRSTを聴く人』を生み出せるんです。自分もソロでのメジャーデビュー当時は『ラジオでかかることを意識して作った』と話し、手紙を書いたりもしました。積極的に地方局の番組にも出るようにしていました。

ラジオがくれるアーティストにとっての一番の幸せは、偶然出会わせてくれる人が多いこと。YouTubeだと能動的に再生ボタンをクリックする必要があるけれど、ラジオはたまたまその番組を流している人の耳に入ることができる。その可能性があるって、めちゃくちゃ夢があるじゃないですか。そしてラジオは受動的なメディアだけど、情報量より想像をかき立てる部分が多いことにも美しさを感じていたんです」