2021年アナログレコード・チャート 4万枚超えた1位は

日経エンタテインメント!

音楽シーンの中で確実に存在感を増しているアナログレコード。2021年に最も売れたアナログレコードは何か? トップ20に入っているのはどんなアーティストなのか? サウンドスキャンのデータを元に、音楽マーケッターの臼井孝氏が分析する。[※記事中の『』はアルバム、「」はシングル曲を示しています]

◇  ◇  ◇

近年、その音質やアートワークへのこだわり、シティポップや歌謡曲、洋楽など20世紀の名盤の再評価などで、人気が高まっているアナログ盤。一時は年間生産金額が2億円を切るまでに落ち込んでいたが(日本レコード協会調べ、以下同じ)、2015年ごろに年間10億円を突破し17年から20年ごろは20億円前後で安定していた。この時期は、中古レコード店はかなり賑わってきていたが、新作リリースがかなり限られた状況にあったように思う。

しかし、21年のデータを見ると、1月から10月末までで32億円と、前年同期比220%のペースを示している。いったいどんな作品が人気なのか、サウンドスキャンで21年1月から11月上旬までの年間データを見てみた。

1位は宇多田ヒカル、2位は山下達郎

2021年1月4日~2021年11月7日、初発売年はボーナストラック抜きの基本形が発売された年とした

トップ10を見ると、20年はゼロだった累計1万枚以上の作品が2作。その中で『エヴァンゲリオン』劇場版シリーズのテーマソング等を集めた宇多田ヒカルのEP盤『One Last Kiss』は4万枚と群を抜いてトップ。CDは碇シンジ、アナログ盤は綾波レイがそれぞれ描かれた原画風のジャケットも購入を促進しただろうが、何より安定のハイ・クオリティーな楽曲やサウンドが大きな要因だろう。

2位には、山下達郎の1991年のアルバム『ARTISAN』の30周年盤が登場。CDも含めた売り上げは約6万枚なので、パッケージ購入の延べ6人に1人はアナログ盤を選んでいるということになる。こちらは、「さよなら夏の日」「アトムの子」などを収録。本人こだわりの最新リマスタリングや全曲解説も大きな魅力だろう。

次のページ
発売パターンも多様化
エンタメ!連載記事一覧