有森裕子 メダリスト3人で駅伝に参加、その結果は…

女子マラソンの五輪メダリスト3人で6区間を走ったバーチャル駅伝。その結果は…?(左から有森裕子さん、高橋尚子さん、野口みずきさん)
日経Gooday(グッデイ)

2021年も残りわずかになりました。コロナ禍での東京五輪、パラリンピック開催など、さまざまな出来事があった1年でした。2021年も終わりに近づき、やっと人々が日常を取り戻しつつあり、マラソン大会などのスポーツイベントも開催されるようになりました。しかし、新たな変異株(オミクロン株)が世界中に広がり始め、日本でも感染者が見つかるなど、まだまだ予断を許しません。「くれぐれも気をつけてください」とお伝えする日々は、しばらく続きそうです。

2年ぶりに参加した富山マラソン、応援にもつい力が…

スポーツイベント再開の流れを受けて、私の仕事も変化しつつあります。2020年から2021年にかけて、大勢の人が集まるマラソン大会や講演会はほとんどありませんでしたが、この数カ月で、皆さんと直接お会いできる機会が増えてきました。今回は緊急事態宣言が明けた2021年後半の私の仕事内容について、少しご紹介したいと思います。

11月7日には「富山マラソン2021」が開催され、2年ぶりにゲストとして参加しました。大会には県内外から約1万人のランナーが参加。密にならないように高岡市役所前から時差スタートを実施しました。当日は天候に恵まれ、最高の秋晴れの1日に。参加したランナーたちは、立山連峰や富山湾などの絶景を横目に新湊大橋を通過し、ゴールの富岩運河環水公園を目指しました。

2年ぶりの大会開催に、参加者も主催者側も心弾み、うれしい時間だったのではないかと思います。それは応援する立場の私も同じでした。いつもは5キロほど皆さんと一緒に並走し、その後、立ち止まってハイタッチしたり、沿道に立ってランナーの皆さんを応援したりするのですが、今回はコロナ対策でかなわず、少し離れた場所から拡声器を使って応援するスタイルになりました。

好天に恵まれた富山マラソン。拡声器でランナーに声援を送りました。

大声を抑えていたのですが、拡声器を使っての応援でしたので、「有森さん、うるさいな」と苦笑されたランナーの方々もいらしたそうで、申し訳ございません。でも、久しぶりに皆さんのがんばる姿を目にした感動は大きく、やはりリアルな大会に勝るものはないな、と痛感しました。一方、ランナーの皆さんのマナーは素晴らしく、感染拡大防止のためのさまざまな注意喚起に沿って行動してくださり、改めて日本人のモラルの高さを感じました。

2022年は、私が理事長を務めるスペシャルオリンピックス日本が広島で開催する「第8回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム」[注1]の日程が重なってしまい、残念ながら富山マラソンには伺えませんが、きっと、今年の大会に感動した多くのランナーがまた参加し、盛り上げてくれるだろうと思います。

富山マラソンに限らず、マラソン大会の主催者はさまざまなケースを想定しながら、リスクヘッジを考えて対策し、恐る恐る開催している状況だと思います。残念ながら、私の故郷・岡山で毎年11月に開催される「おかやまマラソン」は、2020年に続き2021年も中止になりました。空白の期間が長くなってしまう分、来年、無事に開催できたときにどれだけのランナーが戻ってきてくれるか分かりません。多くのランナーに参加していただけるように、おかやまマラソンの魅力を積極的に発信するなど、主催者側の努力が必要だと思っています。

[注1]知的障害のあるアスリートが集うスポーツの祭典

次のページ
まさかの五輪メダリスト3人が駅伝のチームメンバーに!
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント