日経エンタテインメント!

それは同時に「新しいカルチャーを作りたい」というBMSGの掲げる理念にも密接に関わっている。

「彼らの初のワンマンライブ(11月5日に開催された『"FIRST" One Man Show -We All Gifted.-』)は、オンライン視聴だけでチケットが8万5000枚売れました。この数字だけ見ると、ドーム公演も2デイズだってできます。でも、それを早急にやることは、単なるブームを作ってしまうこと、彼らのアーティストとしての寿命を縮めることにもつながると思っています。

彼らは『THE FIRST』というブームから、ムーブメントにようやく進んでいる段階。そのまま先に進んでBMSG全体でカルチャーにまで育て上げれば、彼ら自身の表現が毀損されることもないし、そのカルチャーを実のあるものにできれば、所属アーティストたちは永続的に、そして自由に愛される存在になれる。今はそこを作ることを、本当に頑張らないといけない時期です。

熱狂を生んだ人たちなり集団なりが、急速に力を失っていく様子もこれまで見てきています。時代の流れがいきなり変われば、一気に古いものになってしまう。それを怖いことだなと感じる自分もいるんです。でも、例えば15、16年後にそんなことが起こったとしても、その時には(BMSG所属ラッパーの)Novel Coreやedhiii boiが脂の乗った30代。彼らが(自分の感じていることを直球で表現する)コンシャスな曲を書いて、それを蹴散らしてくれるんじゃないかな。その頃になれば新しい10代後半のラッパーも出てきているかもしれないですよね。僕はその頃は50代。それで10代のラッパーと一緒に曲を出すんですよ(笑)……いや、引退しろよ俺!」(編集部注:この一言で、SKY-HIは生涯ラッパーとして生きるのだなと強く確信した)

SKY-HI(日高光啓)
『八面六臂(はちめんろっぴ)』
 1986年12月12日生まれ、千葉県出身。ラッパー、トラックメイカー、プロデューサーなど、幅広く活動する。2005年AAAのメンバーとしてデビュー。同時期からSKY-HIとしてソロ活動を開始。20年にBMSGを設立し、代表取締役CEOに就任。9月1日から『Dive To World feat. Takuya Yamanaka(THE ORAL CIGARETTES)』配信中。10月27日にリリースした、約3年ぶりのオリジナルアルバム『八面六臂(はちめんろっぴ)』には、「THE FIRST」に参加し、現在BMSGに所属するAile The ShotaやRUI、REIKOらをフィーチャリングした楽曲も収録している。

【過去の記事一覧と「BE:FIRST」についてはこちら

(ライター 横田直子)