NEC森田社長「組織の多様性、高めるのが遅かった」NEC森田隆之社長(上)

NECの森田隆之社長(写真:吉村永)

NECは社員の力を最大限に引き出すべく、働き方やコミュニケーション、人事制度など様々な観点から改革を進めている。前例にとらわれず抜本的に制度・システムを変え、力強い成長を続けようとしている。働き方改革に詳しい相模女子大学大学院特任教授の白河桃子さんが、森田隆之社長兼最高経営責任者(CEO)に聞いた(以下、2人の敬称略)。

「人の力を高める文化」欠けていた

白河桃子さん(写真:吉村永)

白河 森田社長は2021年4月の就任以来、働き方改革に積極的に取り組まれています。これまでの成果やこれから目指すビジョン、そして「なぜ働き方改革が必要なのか」という意義や価値についてお考えを聞かせてください。

森田 まず私自身の問題意識の成り立ちからお話しさせてください。私の前職はCFO(最高財務責任者)で、その前は業績が厳しかった海外の事業部門を担当していました。キャリアの半分以上はM&A(合併・買収)に関わってきたわけですが、買収というより統合前後の構造改革やジョイントベンチャーの調整が多くありました。多くの成功・失敗事例を見ながら「なぜこういう意思決定をしたのか」と自分なりに分析してきました。その中で分かったのは、せっかく優れた技術を持っていても、それを事業として続けていくには、中長期のビジョンと覚悟が必要だということです。

白河 M&Aの最前線で陣頭指揮を取ってこられたからこそ得た問題意識なのですね。

森田 はい、CFO時代には、事業戦略とリソースが密に連携していくことの重要性を感じてきました。社長に就任する前に、創業期にまで遡って弊社の歴史を学び直しました。やはり事業戦略と財務戦略がセットで計画されることが必要なのだと感じると同時に、「もう一つ、大きなものが欠けている」と気づいたのです。

それは「人の力を高める文化」です。結局、企業の競争力をどこまで高められるかは、働く一人ひとりのパワーの総計であると。では、どうしたら人の力を高められるのか。報酬や環境づくりももちろん大事ですが、「自分は世の中をよくする事業の一員である」という充実感を持てるかが非常に重要です。

白河 まさに企業カルチャーを変える「カルチャー改革」ですね。優れた戦略があってもビジネスのアイデアがあっても、最終的にするのは人です。社員の皆さんの力を引き出し、高めていく戦略が大事です。働き方改革の本質は制度ではなく風土が変わることと思っているので、とても共感します。

森田 ありがとうございます。仕事を通じて、よき市民としてより良い未来に向けての社会貢献ができているという実感をいかにして持ってもらえるか。社会における企業の存在意義を明確に打ち出す必要があります。いわゆる「パーパス経営」として注目されている姿勢を、当社も強化しようとしているところです。

次のページ
新しい評価制度は上から導入