『ヨワネハキ』でブレイクのasmi「最初は不安でした」

日経エンタテインメント!

中毒性のある和風のリズムとサウンドがTikTokで注目を集め、大ヒット曲となったMAISONdes feat. 和ぬか, asmiの『ヨワネハキ』(MAISONdesについては記事「仮想音楽空間『MAISONdes』 若手がコラボ曲続々と」参照)。歌唱を担当したasmiは、これまでリアルな恋愛感情をエアリーでキュートな歌に乗せるのを得意としてきた20歳のシンガーソングライターだ。音楽の専門学校を卒業後、19年10月に歌手デビュー。20年には関西の10代ミュージシャン最大級のコンテスト「十代白書2020」でグランプリも獲得した。

シンガーソングライターのasmi。MAISONdes feat. 和ぬか, asmiの『ヨワネハキ』はTikTokで注目を集め、大ヒット曲となった

「20年は『十代白書2020』のグランプリをはじめ、冬の恋愛ソング『memory』の一節『会いたいの電話許されますか』がTikTokで話題になるなど、驚くことばかりで、それが21年も続いている感じです(笑)。

MAISONdesへの“入居”が決まったのも、曲を作った和ぬかさんからのリクエストもあったそうで。和ぬかさんの『寄り酔い』が大好きだったので本当にうれしかったですね。

ただ、『ヨワネハキ』を最初に聴いたときは、正直不安でした。これまでネガティブな印象の曲を歌ったことがほぼなかったですし、キーも高くてぎりぎり出るかどうか……。ただ、実際に歌ってみるとすごくハマる感覚があったんです。自分では書けない歌詞や曲を歌ったことで、前よりもぐっと視野が広がったと感じています。

苦労したのは滑舌です。普段はふわっとした歌い方をするので、言葉をハキハキ歌うためにお腹から声を出してパンと張り上げるよう意識しました。レコーディングは東京だったので、『和ぬかさんに会える!』と期待したのですが会えずじまい。まだSNS上であいさつしただけです(笑)」

次のページ
印象的な歌詞とサビの転調