お酒を減らしたいのに… 医師が教える減酒のコツは?

日経Gooday(グッデイ)

コロナ禍が長引き、家で酒を飲む量が増えてしまい、そのままアルコール依存症のリスクが高くなっている人が増えています。どうすれば飲む量を減らせるのか。また、飲むのをきっぱりやめるにはどうしたらいいのか。酒ジャーナリストの葉石かおりさんが、東京アルコール医療総合センター・センター長で、『「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本』(青春出版社)の著者でもある垣渕洋一さんに話を伺いました。 

◇   ◇   ◇

コロナ禍がもう2年も続いている。

筆者の周辺では外飲みがままならない状況もあってか、家飲みが習慣化し、飲酒量が増えている人が多くなった。

しかし、その一方で外飲みの機会が減ったことを機に、飲む量を減らしたり、ほとんど飲まなくなった人たちもいる。

両者に共通しているのは、コロナを機に「酒の飲み方が変化した」ということだ。日経Goodayなどの読者に「お酒と健康」をテーマにとったアンケートでは、「コロナ禍より前と、コロナ禍以降で、飲酒量や頻度など生活習慣が変わりましたか?」という設問に対し、「変わった」と答えた人が半数近くにも上っているという[注1]

飲む量が減っただけであれば、特に問題はない。問題なのは、飲酒量が増えてしまっている場合だ。飲む量が増え続け、多量飲酒が習慣化して、アルコール依存症になってしまったり、短期的に飲み過ぎて肝臓の状態が急激に悪化してしまうケースもある。

実際、アルコール依存症などの専門治療を実施する久里浜医療センターでは、アルコールに関する電話相談が、コロナ前と比べて1.5倍になったという[注2]

筆者はというと、家飲みをしていたら酒量が増え、「このままではアルコール依存症になるのではないか」という不安から、飲む頻度を減らすことにした。今では「飲酒は週2回」というペースを一応守ってはいるが、今後はどうなるかわからない。

先ほど触れたアンケートでも、コロナ禍以降、飲む量や頻度が減ったり、断酒したと答えた人が多かった。だが、酒が好きな人ほど、あとでリバウンドしてしまうのではないかという懸念もある。

そこで、東京アルコール医療総合センター・センター長で、『「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本』(青春出版社)の著者でもある垣渕洋一さんに、コロナ禍における断酒・減酒の実態や、確実に断酒・減酒を実行する方法などについて話を伺おう。

[注1]アンケート結果については、次回の本連載で詳細に解説する

[注2]NHK「きょうの健康」2021年11月9日放送より

次のページ
いきなり重度の肝硬変になってしまう患者も…