ももクロ高城れに 今までの活動は全部つながっているももいろクローバーZ高城れに×川上アキラ(前編)

日経エンタテインメント!

スタジアムクラスの大会場から、地方都市のホールまで、大小様々な会場でバラエティ豊かなライブを繰り広げるももいろクローバーZ(ももクロ)。有観客のライブが自由に開催できなかったこの2年間は、VR(バーチャルリアリティ)やXR(クロスリアリティ)などの新技術を生かした配信ライブや、メンバーそれぞれの個別活動など、今、できることは何かを考えながら活動してきました。その2年間をももクロの生みの親、川上アキラ氏が振り返った単行本『ももクロ流 2020-2021』が発売されます。それを記念して、川上氏と高城れにさんのインタビューをNIKKEI STYLEに転載します。現在発売中の『日経エンタテインメント!』2022年1月号の連載には掲載しきれなかった部分も入った「完全版」です。まずは直近に行われた有観客のライブ2つについて聞きました。

ももいろクローバーZの高城れに(写真:中川容邦)

東名阪以外の都市で久しぶりのライブ

――2021年10月、11月は北海道と兵庫県で有観客ライブ「origin(オリジン)」を開催。東名阪以外でのライブは久しぶりですね。

高城 いやあ、楽しかったです。飛行機で北海道に行くのはいつ以来だろう。テレビ番組のロケはあったけれど、そこではファンの人には会えなかったので。来てくれた人たちに「ライブ久しぶりの人は?」って聞いたらいっぱい手が上がったんですよ。

川上 明治座の後、その時点で感染が少なかった北海道を選んで、その後の兵庫では近県の方も来られるようにしました。22年は東北(秋田)に行きます。ももクロは積極的に地方に行ってましたからね。レコードの発売日とかに。

高城 ありましたねえ。

川上 新潟に行った後、秋田まで上るとか。

高城 やった、やった。

川上 途中に寄ったレコード店に小柳ルミ子さんが来店されていて、ご挨拶したとか。

高城 地震があって、動かない電車に閉じ込められたりね。けっこう止まってたよね。

川上 東京に帰ったのは深夜2時くらいになっていましたからね。電車の中でプロレスラーの中西学さんにお菓子をいただいたんですよ。「僕はヒール(悪役)だから、内緒にしてくださいね」と。もう引退されたのでお話ししますが。稚内へ行ったのも高城さんだっけ?

高城 そうそう。そうやっていろいろなところへたくさん行かせてもらっているから、何年かたって「あそこにいたんです」と言ってくださる人も多くて。そういう言葉を聞くと、「全部つながっているな」って思う。

次のページ
後輩と新ユニットを結成、グループ名の由来は?