アルペン「初心者専用ゴルフ5」 若者を狙う実験店舗

日経クロストレンド

スポーツ用品大手のアルペンは、全国に展開するゴルフ用品専門店「ゴルフ5」の初心者向け新業態店舗「初心者専用ゴルフ5」を新宿にオープンした。密を避けられるスポーツとして注目を集めるゴルフだが、なぜターゲットを「初心者」に絞ったのか。狙いや今後の課題を聞いた。

JR新宿東南口の「Flags(フラッグス)」5階にオープンした「初心者専用ゴルフ5」新宿フラッグス店。2021年8月26日~22年5月末までの期間限定で出店している(写真提供/アルペン)

2021年8月26日、新宿東南口のファッションビル「Flags(フラッグス)」の5階に「初心者専用ゴルフ5」がオープンした。テーマは、「日本一ゴルフをはじめやすいゴルフショップ」。ゴルフ初心者は、「何から始めたらよいのか」「どんなものをそろえればよいのか」「ゴルフのマナーが分からない」など、数多くの不安を持つ。そこで、初心者が楽しく、安心してゴルフを始められるよう、専用の「初心者相談カウンター」や初心者向けのリーズナブルな商品をそろえた。

「初心者相談カウンター」には専任のコンシェルジュを配置。「どんなクラブを選べばいいのか」「ゴルフのマナーや服装が知りたい」など様々な相談に応える。また初めてコースに出る人向けに用意されたレッスンと食事付きで5500円(税込み)の「GOLF DEBUT TOUR(ゴルフデビューツアー)」にも申し込める(写真提供/アルペン)

アルペンはゴルフ専門店の「ゴルフ5」を全国で展開しているが、これまで明確な初心者向けコーナーを店舗内に設置したことはなく、独立した売り場をつくるのは初の試みだという。アルペン専務執行役員戦略企画本部長兼マーケティング本部長兼店舗開発本部長の二十軒翔氏によれば「初心者からの問い合わせが増えた上に、全体的に売り上げが伸びていた。その中で、初心者が購入するクラブセットの売り上げが特に増えていると感じていたため、より手軽に安心して始めてもらえるよう、初心者向けの店舗を出店した」という。

新型コロナ禍で若者・女性の需要急増

ではなぜそれほどまでに初心者の売り上げが伸びているのだろうか。

その理由について同氏は、まず「新型コロナウイルス感染症の拡大の影響」を挙げ、「ゴルフ市場は伸びてきている」と説明。21年8月に発表された同社の「2021年6月期決算説明資料」の「セグメント別売上高」によると、ウインタースポーツが前年比85.4%と減少、一般スポーツは同102.6%と微増だったのに対し、ゴルフは同117.8%と伸びている。その要因を同資料では、次のように説明している。緊急事態宣言によって県をまたぐ移動や旅行を自粛する動きが広まる中、ゴルフは密を避けられるスポーツとして注目され、若いプレーヤーも増加したこと。また主要メーカーと協業した販促企画の展開や売り場演出の強化、「初心者応援宣言」として新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけにゴルフを始めた層へのサポートを強化したことが功を奏したとしている。

これは各所のデータからも明らかで、経済産業省特定サービス産業動態統計調査では、ゴルフ場やゴルフ練習場の利用者数は毎月増加傾向だ。また、総務省の家計調査(20年)の世帯主の世代別に見たゴルフプレー代で見ると、全体としては前年比減ながら、20~40代では支出が増加しているという。

続いて挙げたのが、「若者のゴルフに対するイメージの変化」だ。「若者のゴルフに対するイメージが、会社の上司に連れられて行く接待のようなものから、友達同士で楽しみながら遊べる身近なレジャーに変化している」と同氏。若い世代を中心に、コロナ禍で密も避けられる身近なスポーツと受け止められるようになったことが、利用者の増加に一役買っているのだろう。

アルペン専務執行役員戦略企画本部長兼マーケティング本部長兼店舗開発本部長の二十軒翔氏
次のページ
初心者ならではの悩みに応える工夫
MONO TRENDY連載記事一覧