志田彩良 おしゃれな祖母にもらったシャネルのバッグ

公開中の映画『かそけきサンカヨウ』で主演を務める志田彩良さん

『ドラゴン桜』『ゆるキャン△』シリーズなどの人気ドラマで脚光を浴びた、女優の志田彩良さん。お気に入りのシャネルのバッグや好きな洋服、仕事道具の鏡やノートについて語ってくれた。

祖母から受け継いだ、シャネルのバッグ

「私の思い入れのあるモノは、祖母からもらった、シャネルのバッグです。私の祖母はおしゃれな人で、幼少期から『こんなブランドがあるんだよ』と教えてもらってきました。そんな祖母が、何十年も前に買って大切にしてきたのが、このバッグ。私が成人したらあげようと思っていたみたいで、20歳の誕生日に譲り受けました。

もらったときは、すごくうれしかったです。でも、『こんなお高いモノを、もらっちゃっていいの?』と思いました(笑)。自分にとっては、初めてのハイブランドのバッグ。最初は恐る恐る持っていて、使うのは、成人式や作品の打ち上げ、おしゃれをして出掛けたいときくらい。でも最近はお仕事のときなどにも使うようになりました。

志田さんが祖母から譲り受けたシャネルのバッグ(撮影:志田彩良)

お気に入りのポイントは、おばあちゃんが使っていたものだということ。大切にしていたものを譲り受けたので、より魅力的に見えるし、大事に使いたいなと思えます。そして、持つと気分が上がるところもポイント。ちょっと大人になった気分になります」

「1歳の頃から自分で靴を選んでいた」という志田さん。「好きなモノは?」と聞くと、一番に「洋服」と答えた。

「ブランドにはこだわりがなくて、古着も好き。新品と古着、同じくらいの比率で着てますね。古着の魅力は、人とかぶらないこと。自分しか持っていない服を着ているという特別感があります。あとは、味です。ジーンズなども、古い方が味があってすてきだなと思います。最近は古着屋さんで買うだけでなく、祖父母から、お下がりでもらうことも多いです。祖父がかわいいシャツを着ていると、『それ、いらなくなったらちょうだい』とよく言っています(笑)」

「祖父母はいつも一緒で、本当に仲がいいんですよ。毎日のように2人で料理を作ったり、お散歩したりしているので、すてきだなって。私も将来、そういう家庭を築きたいと憧れます」
映画『かそけきサンカヨウ』で監督を務めるのは今泉力哉さん。「今泉さんは、何者でもない私を何度も作品に呼んでくださって、育てていただいた方。今泉さんの現場を経験させていただくたびにお芝居が好きになって、『もっと自分の引き出しを増やしたい』と思うようになりました」
次のページ
雨にぬれると透明になる「サンカヨウ」
MONO TRENDY連載記事一覧