日経Gooday

たんぱく尿の程度が高くなるほどがん死亡リスクは上昇

尿検査で陰性だった人たちを参照群とすると、がんで死亡するリスクは、たんぱく尿の程度が高くなるにつれて有意に上昇していました(表参照)。陰性者に比べ、微量たんぱく尿の人のがん死亡リスクは1.16倍、軽度たんぱく尿の人では1.47倍、中等度から重度のたんぱく尿の人では1.61倍になっていました。

表1 たんぱく尿の程度とがん死亡リスク

(Sci Rep. 2021 Aug 19;11(1):16890.)

年齢、性別や、喫煙習慣、飲酒習慣の有無、肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの持病の有無に基づいて対象者を分類し、同様の分析を行いましたが、どの分類群においても、結果は上記と同じ傾向を示しました。

続いて、たんぱく尿患者では、どの部位のがんによる死亡リスクが高いのかを調べたところ、軽度たんぱく尿と中等度~重度のたんぱく尿の人では、血液がん、泌尿器がん、消化器がんのリスクが有意に高くなっていました。また、微量たんぱく尿の人においてリスク上昇が有意だったのは血液がんで、血液がんによる死亡リスクは、陰性の人に比べ1.59倍でした。

このように、軽症から重症のたんぱく尿のみならず、微量たんぱく尿もまた、がん死亡リスクの有意な上昇と関係することが示されました。健康診断の結果において、尿たんぱくが(±)という指摘は軽視されがちですが、何らかの病気が隠れていることを示している可能性があります。放置せず、かかりつけ医などに相談したほうがよさそうです。

論文は、2021年8月19日付のScientific Reports誌電子版に掲載されています[注2]

[注2]Matsui M, et al. Sci Rep. 2021 Aug 19;11(1):16890.

[日経Gooday2022年1月25日付記事を再構成]

大西淳子
医学ジャーナリスト。筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

「日経Gooday 30+」の記事一覧はこちら

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。