コーヒーで糖尿病のリスク下がる 運動に匹敵する効果

日経Gooday

日経Gooday(グッデイ)

私たちが日々楽しんでいるコーヒー。このコーヒーが、見えないところで私たちの健康を守ってくれているという驚きのエビデンスが続々と報告されている。その健康効果の核となるのが抗酸化成分のポリフェノールだ。総死亡リスクや脳卒中リスクを下げ、糖尿病を抑えるといったコーヒー研究の最新情報と、作用のメカニズムについて、ネスレ日本ウエルネスコミュニケーション室室長の福島洋一さんに聞いた。

コーヒーは最大のポリフェノール摂取源

写真はイメージ=PIXTA

気分をしゃきっとさせたいときや食後のリラックスタイムにコーヒーの味と香りが欠かせない、というコーヒー愛飲者は多いだろう。コーヒーに含まれる成分の中で、大きな役割を果たしているのがコーヒーポリフェノールとカフェインだ。カフェインはご存じのように覚醒作用や脂肪燃焼効果などが期待できる成分。そして、ポリフェノールは、活性酸素を消去する抗酸化作用を発揮する。中でも今回は、ポリフェノールに注目したい。

「コーヒーは、身近な飲料の中ではダントツにポリフェノールを多く含む飲料です。さらに、私たちが行った調査では、日本人はポリフェノールの約半分をコーヒーからとっていることが分かりました(下図)」と、コーヒーと健康について長年、機能性研究やリサーチを行ってきたネスレ日本ウエルネスコミュニケーション室室長の福島洋一さん。

福島さんによると、世界的にもコーヒーは最大のポリフェノール摂取源であるという。「食事全体からのポリフェノール摂取の中でコーヒーが占める割合を見ると、フランスやポーランド、メキシコは日本と同様に半分程度をコーヒーから。ブラジル、アメリカ、カナダ、フィンランドはさらに多く、コーヒーが7割ほどを占めています。例外も若干あり、スペインは果物や野菜、オリーブオイルから、イギリスは紅茶からのポリフェノール摂取が多く、コーヒーからは2割程度という報告があります」(福島さん)

コーヒーはポリフェノールを豊富に含む

主な食品、飲料に含まれるポリフェノール含有量を調べると、コーヒーは赤ワインに次いで100gあたりのポリフェノール含有量が多い(左)。日本人の飲料からの総ポリフェノール消費量を解明するために、東京と大阪で10~59歳の男女8768人を対象に1週間で摂取した全てのノンアルコール飲料の量と種類を記録した。飲料からの総ポリフェノール消費量が最も多かったのはコーヒーで50%を占めた(右)。緑茶は34%、紅茶、ウーロン茶、麦茶などは10%未満だった。別の調査で、ポリフェノール摂取の約8割が飲料由来であることが分かっている。(データ:J Agric Food Chem. 2009 Feb 25;57(4):1253より作図)

「コーヒーと緑茶は私たちのポリフェノール摂取源の2トップとなっています。さらに言うと、コーヒーは緑茶の2倍のポリフェノールを含むため、同じ飲むにしても効率よくポリフェノールをとることができる飲料と言えます。ただ、私たちが調査した結果、ポリフェノール摂取量は非常に個人差が大きいことも判明しました。この差が一生涯にわたって続くことによって疾患リスクとの関わりが生まれてくるのでは、と考えています」(福島さん)

次のページ
コーヒー摂取は糖尿病リスクを下げる強力な因子となる