ウィジェットでニュースや予定をチェック

「ウィジェット」は天気予報や株価、最新のニュースなどを表示するカード形式の情報パネル(図16)。Windows 7にあった同種の機能「ガジェット」をほうふつさせるが、位置付けとしてはスマホのウィジェットに近い。実際、11のウィジェットは、マイクロソフトのポータルサイト「Microsoft Start(マイクロソフトスタート)」がベースになっており、7のガジェットとは根本的に違う。例えば11で天気のウィジェットをクリックすると、同ポータルの天気サイトが開く。ちなみに10のタスクバーにある「ニュースと関心事項」もMicrosoft Startがベースだ。

図16 タスクバーの「ウィジェット」ボタンを押すと、新機能のウィジェットがデスクトップ画面の左半分に表示される。マイクロソフトのポータルサイト「Microsoft Start(マイクロソフトスタート)」と同様の内容で、天気予報や株価、最新のニュースなどがカード形式で配置される。「天気」をクリックすると、ウェブブラウザーが起動してMicrosoft Startの天気サイトが開く。各カードの右上にある「…」をクリックするとメニューが開き、サイズ変更やカードの削除などができる

11のウィジェットでは、個人の予定や写真なども表示可能。ウィジェットは大中小のサイズによって表示内容が変わる(図17)。ウィジェットは自由に追加できるが(図18)、本稿執筆の10月上旬時点では11種類のみで用途が限られる。

図17 「天気」のウィジェットを小・中・大のサイズにして比較した。小は当日の天気と気温、降水確率のみ。中では小の情報に加え、当日と4日後までの予報が表示される。大では小と中の情報に加え、直近9時間の気温と降水確率の予報が表示される
図18 図16左で「ウィジェットを追加」をクリックすると管理画面が表示される。ここで「To Do」をクリックすると、元の画面に「To Do」用のカードが追加される(1)(2)。アウトルックのカレンダーや交通情報などのカードも追加可能だ

11はAndroid(アンドロイド)のスマホアプリが動作する点でも大きな注目を集めているが、当初のリリースには実装されていない。この機能は現在テスト中で、一般に提供されるのは2022年にずれ込むとみられる。

(ライター 石坂勇三)

[日経PC21 2021年12月号掲載記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧