ダンス日本一決定戦 生きている力を実感(井上芳雄)第116回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。5月18日にダンス日本一を決めるテレビ番組『THE DANCE DAY』(日本テレビ系)の決勝大会が幕張メッセで開かれました。3時間の生放送で、進行の水卜麻美アナウンサーと一緒に、僕はMCを務めました。16組が繰り広げるいろんなジャンルのパフォーマンスはどれも素晴らしく、生命力あふれるダンスに圧倒されました。

5月18日に幕張メッセで決勝大会が開かれた『THE DANCE DAY』(日本テレビ系)でMCを務めた井上芳雄。『THE DANCE DAY』はHuluで好評配信中。(C)NTV

『THE DANCE DAY』はヒップホップ、ブレイキン、ジャズ、社交ダンスなどオールジャンルでのダンス日本一を決める大会。審査基準はひとつだけ、「ただ、楽しませた人の勝ち」。参加資格はプロ・アマ問わず、ソロでもチーム(20人以内)でも可。総エントリー976チームから選ばれた総勢16組が集結して、それぞれ1分30秒のパフォーマンスを披露しました。審査員はkazuki(s**t kingz)さん、KENZO(DA PUMP)さん、倖田來未さん、SKY-HIさん、TAKAHIROさん、仲宗根梨乃さん、そして特別審査員にYOSHIKIさん。1人100点満点でジャッジして、総得点上位5チームがファイナルラウンドに進出。審査員それぞれが優勝と思う1組に投票して、その票数で優勝者が決まります。優勝賞金は1000万円です。

観客席は1席おきで、1000人くらいが入っていたでしょうか。とにかく印象に残ったのが大歓声でした。コロナ禍に入って、笑い声や拍手はありましたが、大きな声を聞くことはなかったので、3年ぶりくらいです。自分たち演者は、声によってすごくのせられたり、テンションを上げてもらったりしていたんだな、ということを思い出しました。

お客さんは最初からハイテンションで、3時間も持つのかなと思ったのですが、演者がすごいパフォーマンスを見せると総立ちになったりして、どんどんボルテージが上がり、最後まで会場全体が盛り上がりました。お客さんの反応を見ていると、このグループは上位に行きそうだというのがはっきり分かりました。僕も水卜アナウンサーも3時間一切座ることなく、ずっと「すごいですね」と言いながらダンスに見入っていました。

オールジャンルからのエントリーなので16組のダンスはそれぞれ違っています。僕が若い頃に習っていたダンスはジャズやバレエでしたが、今はジャンルがどんどん細分化されて、ヒップホップとも言えないし何というジャンルなのかなという感じのものも多かったです。テクニックにしても、ヘッドスピンとか頭で回る人たちも見事な技術でした。YOSHIKIさんが「日本のダンスのレベルがこれほど高いとは思わなかった。いつの間にか世界の水準になっている」と驚いていましたが、本当にその通りだと思います。

優勝した「KUROKO」のダンスはアニメーションダンスというらしく、それこそアニメのような動きをします。リーダーのGENDAIさんは、ニューヨークにあるアポロシアターの年間王者。『THE DANCE DAY』のためにKUROKOを結成したそうです。披露してくれた2つのパフォーマンスのテーマは「引っ越し」と「サラリーマン」。それぞれ家の中だったり、会社で働いているところだったりの日常の一コマをCGの映像のように見せてくれて、何か夢を見ているみたいでした。ダンサーとしての技術はもちろん、それを見せる構成力が卓越しています。日本語の歌のメッセージも伝わってきて、すべてのバランスが飛び抜けていました。終わった後で、KENZO(DA PUMP)さんが「GENDAI君は世界で活躍してチャンピオンとなって日本に帰ってきても、なかなか注目されなかったけど、やっと評価されたのがうれしい」と泣きながら喜んでいたのにもじんときました。

次点の「K fam」は、KAORIaliveさんが振り付けをされたグループ。KAORIaliveさんはミュージカルも振り付けられていて、踊りにはジャズやバレエのような要素があり、大人数で踊って迫力があるので、僕がやっているジャンルに近いものを感じました。2つのパフォーマンスのテーマは「人類の叫び」と「コロナ収束への願い」。平和への祈りにしてもコロナ禍にしても、ストレートなメッセージをエンタテインメントにしているのが素晴らしかった。審査基準である「楽しませる」というと、笑いや高揚感のようなものをイメージしやすいでしょうが、ハッとさせられたり鳥肌が立つようなものも、楽しませるに入ると思うのです。ダンスは陽の部分だけじゃなくて、陰の部分やメッセージも伝えることができるということを体現された表現だったと思います。

僕が好きだったのは「青春応援団 我無沙羅(がむしゃら)」というグループで、やはりファイナルラウンドに進出しました。高校の体育祭「応援合戦」メンバーを中心に、サラリーマンや公務員の方々が、誰かを応援したいという思いで結成したそうです。励ましの言葉を叫びながらパフォーマンスをするのですが、その必死の表情に嘘がなくて、泣いているお客さんが一番多かったのではないでしょうか。会場の反応がすごかったです。

次のページ
ダンス界を盛り上げたいという熱い思い