――コーディネートのポイントはどこですか?

「トラッカージャケットを合わせてウエスタン風にまとめました。インナーに着たシャンブレーシャツの明るい水色と質感もポイントですね。コーディネートのアクセントになります」

ハンティングジャケット風のコート、トラッカージャケット、シャンブレーシャツを重ね着して武骨な雰囲気にまとめた
トラッカージャケットのボタンの留め方にもこだわりがあるという。「上2つは襟元を見せるため、下2つは歩くときや座るときに窮屈にならないためにあけています」

――インナーにトラッカージャケットを着るのはやや難易度が高いように思えます。コーディネートのコツはありますか?

「ウエスタン調のアイテムは男らしく、“格好つけている”印象を与えやすいアイテムです。ただ、この場合は柔和なアイテムでバランスを取るよりも、いっそのこと思いきり格好つけた方が自然な見え方になるかと思います。同じ理由でアウターも襟を立てています」

スタジャンでアメカジコーデ 前ボタンは思い切って開ける

――最後はスタジャンを使った着こなしです。今までで最もカジュアルな印象ですね。

「オンブレチェックのシャツやデニムパンツと合わせて思い切りアメカジらしいコーディネートにまとめました。スタジャンはセトルマイヤーズに別注した一着です。あえてフロントをスナップボタン仕様ではなくボタン掛けにしたり、襟付きにしたりと、王道とはまた異なるディテールに注目してほしいですね」

ジャケット 6万2700円(セトルマイヤーズ)、シャツ 2万8600円(インディビジュアライズドシャツ)、カットソー 1万4300円(レディホワイト)、パンツ 2万9700円(ビーサイズ)、ベルト 1万6000円(マキシマムヘンリー)

――よくある学生風ではないデザインが新鮮です。インナーは赤のシャツですね。

「黒のアイテムを中心に選んでいるので、差し色として取り入れました。ジャケットのリブ部分に使われている黄色と相性がいいですしね。1枚だとやや首元が物足りないと思い、今回はタートルネックのカットソーと組み合わせました」

――シャツのボタンを開けているんですね。

「適度にくだけた印象に見せたかったので、思い切って4つほど外しました。タックインしてフロントボタンを開けるという着こなしも新鮮に見えるのではないかと思います」

フロントボタンを開けてタートルネックの存在感も高めている
他のブランドではあまり見られない深さの股上と、ゆとりのあるストレートシルエットが特徴

――デニムパンツはどこのブランドですか?

「B SIDES(ビーサイズ)です。レディースのブランドなのですが、当店ではメンズでも着用できるものを取り扱っています。最大のポイントは股上の深さです。着丈の短いアウターと合わせるとバランスがとりやすいのですが、ここまで深いものはなかなか見つからないんです。この冬、スタジャンのコーディネートに挑戦したい方はぜひ取り入れてみてほしいですね」

文:FACY編集部 山梨幸輝(https://facy.jp/) 写真:加藤潤


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE