2021/11/18

New Rule 24 コーデュロイジャケット マイルドカラーで上品に

秋冬の定番素材であるコーデュロイを使ったジャケット。これをビジカジに取り入れると、気取りがなく優しい雰囲気にまとめられる。が、色にご用心。ブラウンや深いグリーンなどカントリーっぽい色だとやぼったく、老けて見える場合も……。そこで提案したいのが、ベージュなど上品さのあるマイルドカラー。これならリラックス感と洗練された人物像を両立可能だ。

LARDINI(ラルディー二)

季節感と軽やかさを併せ持つ、洗練されたジャケット

軽さが自慢のAMA-Jモデルに、コーデュロイを乗せた新作が登場。畝のピッチが太くハッキリとした凹凸感、綿100%のためしっかりとした生地感を特徴とする。裏地のないアンコン仕立てで気軽に羽織れるのも魅力だ。6万4900円(ビームス 六本木ヒルズ)

ニット3万800円/エストネーション(エストネーション) パンツ4万1800円/ PT TORINO(伊勢丹新宿店) 鞄3万6300円/キングスレー ウォルターズ スタジオ(エスディーアイ)

RING JACKET(リングヂャケット)

高級なカシミヤ混素材と驚きの軽さは一見の価値あり

昨年秋冬にデビューしたモデル「290」をアップデートした最軽量モデルがこちら。カーディガンのような着心地に加え、コットン×カシミヤ素材の高級感は、目の肥えた方も納得するはず。14万3000円(リングヂャケットマイスター206 青山店)

CAMOSHITA(カモシタ)

ディテールに光る作り手のセンスはさすが

ダブルブレステッドに、ピッチの狭いコーデュロイがあか抜けた印象を感じさせる。カジュアルな裏地、袖口の1つボタン、斜めのポケットなど、手の込んだディテールは語りどころ満載だ。6万6000円(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

“デニスラ”入門は今がベストタイミングだ

この数年、目にする機会が増えているデニムスラックス。ビジカジが浸透した今こそ、実践するチャンスといえる。デニム素材で大丈夫? 慎重派の方もいるかもしれないが、形がスラックスゆえ、くだけすぎて見える心配はないのでご安心を。

New Rule 25 デニスラ ノータイ姿を脱チノパンで新鮮に

ノータイのビジネススタイルといえば、ついついお手軽にチノパンを合わせがち。が、それをデニスラに変えると新鮮さが感じられる、気の利いたスタイルに。デニムスラックスはカジュアルなアイテムだけにスポーティーなブレザーや、軽快なスリッポンで装いに統一感を持たせたい。

ROTA(ロータ)

大人にふさわしい適度なゆとりが貫禄を感じさせる

こちらは股上を深く設定し、ワタリ幅とプリーツ分量にゆとりを持たせたモデル「581」。美しいテーパードに、1プリーツのクラシックなたたずまいも魅力だ。チノパンをデニスラに置き換え、新鮮な装いを楽しんでみてはどうだろうか。パンツ4万1800円(ビームス 六本木ヒルズ)

ジャケット22万円/ベルヴェスト(伊勢丹新宿店) ニットポロ2万7500円/スローン(スローン) スカーフ9900円/ロバート フレイザー(アイネックス) 鞄3万3600円/キングスレー ウォルターズ スタジオ(エスディーアイ) 靴8万3600円/クロケット&ジョーンズ(グリフィンインターナショナル)

New Rule 26 デニスラ タイドアップをきれいめにドレスダウン

折り目正しいタイドアップ姿をビジカジ仕様にドレスダウンしたい。そんなときこそ、デニスラを生かすべき。ネクタイ+ウールのスラックスだとどうしても堅苦しさが出てしまうところをデニスラに置き換えることで問題解決。それでいて品格を損なわないのもうれしい。

GERMANO(ジェルマーノ)

ストレッチ性抜群で、楽ちんにお洒落が楽しめる

足の曲げ伸ばしが楽なストレッチ仕様のデニムスラックス。股の付け根からヒップまでの距離が長いため、ヒップ周りは快適だ。1タック+クリース入りでタイドアップにもすんなりなじんでくれる。2万7500円(バインド ピーアール)

ジャケット10万3400円/タリアトーレ(トレメッツォ) シャツ1万890円〈オーダー価格〉/ 麻布テーラー(Y&Mプレスルーム) タイ1万7600円/ホリデー&ブラウン、ベルト1万5400円/フェリージ、靴8万6900円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ) チーフ〈スタイリスト私物〉

※表示価格は税込みです。

撮影=若林武志、椙本裕子、岡田ナツ子、伏見早織 スタイリング=四方章敬 ヘアメイク=馬場拓也(SEPT) 構成・文=小曽根広光 文=川田剛史、間中美希子 撮影協力=市谷の杜 本と活字館(大日本印刷)、アンスティチュ・フランセ東京(飯田橋)

MEN'S EX

[MEN’S EX 2021年11月号の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram