飽きぬ地元食は在宅の味方に 日経POSでみる地域No.1日経POSセレクション 地域売上No.1

日本経済新聞社は小売業のPOS(販売時点情報管理)データに基づき、地域ごとの日配品や飲料、調味料などの各分類の中で売り上げ1位の商品「日経POSセレクション 地域売上No.1」を選出した。新型コロナウイルス禍で自宅での食事の機会が増えた。そうした中、定番の全国ブランドや子どもの頃から親しんできた地域ならではの食品など、飽きのこない味わいの商品が高い支持を得た。

ご当地アピールが求心力に

2021年の日経POSデータで九州や北海道など10地域それぞれの売れ筋を調べると、地元で愛されてきた「ご当地」商品の人気が高いことがわかる。

九州の「牛乳」分野では、九州乳業(大分市)の「みどり牛乳」が首位となった。この商品は自然豊かな大分県内の酪農家が育てた牛の絞りたての生乳を使っている。緑を基調にした紙パックがおなじみ。一部地域では学校給食でも採用されており「ローカルメーカーとして信頼を得ている」(同社)という。

スーパーなどでも地場メーカー品を選好する動きは強まっている。「ご当地商品は自身の嗜好に合っているはず」という安心感が背景にあるようだ。北関東と山梨、長野、静岡エリアの「ペットボトル入りミネラルウオーター」分野では、ニチネン(埼玉県上尾市)の「尾瀬のおいしい水 ぐんまちゃん 2ℓ×6」が首位だった。群馬県や福島県などをまたぐ高原で、地域の観光地として名高い尾瀬のイメージを前面に出したことが奏功した。

次のページ
優しいスープ、地場野菜と