国内最大級のチョコの祭典 20年の変化と占う未来

サロン・デュ・ショコラは今年で20回目を迎える

世界の一流ブランドやショコラティエのチョコレートを一堂に集めた毎年恒例の「サロン・デュ・ショコラ2022」が1月20日から東京・新宿の伊勢丹新宿本店で始まる。国内では最大級のチョコの祭典で、今年で20回目となる。三越伊勢丹を代表するイベントのひとつになっており、おいしい品を求めて毎年多くのチョコ好きが足を運ぶ。節目となる今回の祭典を取り仕切る三越伊勢丹・食品・レストラングループの真野重雄スーパーバイザーに、この20年のチョコを取り巻く変化やこれからの未来などについて聞いた。

――三越伊勢丹のサロン・デュ・ショコラのスタートは2003年からでしたね。

サロン・デュ・ショコラ2022の責任者を務める三越伊勢丹の真野重雄スーパーバイザー

「1995年にパリで始まったチョコレートの見本市『サロン・デュ・ショコラ』をヒントに伊勢丹(当時)が03年に主催しました。今ではすっかりおなじみのパリの人気チョコレート専門店『ジャン=ポール・エヴァン』の日本1号店が初めて伊勢丹新宿本店内にオープンしたのが、その前年のこと。また、ベルギー王室御用達のショコラティエ『ピエール・マルコリーニ』の日本1号店が東京・銀座に誕生したのは、さらにその前年のことでした。日本でのサロン・デュ・ショコラは、海外の有名チョコが国内にお目見えするようになったタイミングで始まりました」

「今でこそ質にこだわった国内外のおいしいチョコが日常的に味わえる環境ですが、開催当初は状況が今とはおよそ違います。出品ブランドの数も少なく、チョコを手当たり次第かき集めたといった感じだったと思います。舞台は伊勢丹新宿本店の催し物場。デパートの上層階でチョコのイベントを開催するというのは、当時としてはまだ珍しいものだったのだろうと思います。その後、回を重ねるごとに規模が拡大し、東京国際フォーラム(東京・丸の内)や新宿NSビル(東京・西新宿)に会場を移して実施したこともあります。前回からは再び新宿の伊勢丹に戻っての開催となり、『パート1』『パート2』の2部制にし、開催期間を長くするようにしました」

――国内最大級のチョコの祭典として知られる「サロン・デュ・ショコラ」ですが、真野さんが関わるようになったのはいつごろからですか?

「今回で5年目になります。01年に入社して以来、ずっと食品部門で働いてきました。入社した当時は、百貨店ではファッション部門に配属を希望する人が多かったのですが、私は食品部門が希望でした。農家さんや菓子職人など作り手の方々と直接関われる機会が多いと考えたからです。デパ地下にあるグローサリーや総菜、お酒などの売り場をほぼ経験していますが、中でもスイーツ部門は在籍約9年と長いですね。入社以来、サロン・デュ・ショコラに関わる社内の先輩たちの姿を目の当たりにしてきました。社内的にも存在感あるイベントで、長期の海外出張も伴うので、皆さん、意気込みが半端じゃなかったですね」

メールマガジン登録
大人のレストランガイド