米マスク義務廃止 生活正常化へロゼ・シャンパン人気

新型コロナウイルス禍を契機に、米国のZ世代女子の間でロゼ・シャンパンがはやっている=PIXTA

今春マスク着用義務の撤廃が相次いだ米国で、生活正常化へ向けた「お祝いの酒」が人気を呼んでいる。欧米で祝い酒といえばシャンパンと相場が決まっているが、近ごろ注目を浴びているのは、ロゼ・シャンパン。フランス・シャンパーニュ地方の桜色の発泡性ワインだ。「特に、Z世代(1990年代半ばから2010年ごろまでに生まれた世代)の若い女性たちに人気で、乾杯している様子がとてもよくSNS(交流サイト)にアップされるようになっている」と、シャンパーニュ委員会日本事務局代表・笹本由香里さんは話す。

実は、米国でのロゼ・シャンパンの消費はパンデミックが始まった年から伸びている。シャンパーニュ委員会によれば、米国へ輸出する全シャンパンに対するロゼの占有率(輸出量ベース)は、20年、21年に18パーセント台となり、10パーセント台半ばで推移していたコロナ前に比べ2~3パーセント増加。金額ベースでは、21年に全体の5分の1を占めるようになった。

抑圧された生活を余儀なくされたパンデミックの中で、ロゼ・シャンパンは祝いの酒というだけでなく、心を晴れやかにする特別な酒として選ばれているようだ。「SNS映えするかわいさがある」(笹本さん)のも、ぐっと女性たちの心を引き付ける理由。生産者により、色合いも淡いピンクから、赤ワインのように色が濃いものまであり、あれこれ試すのも楽しい。英国でも、同じようにロゼ・シャンパンの人気が高まっているという。

桜を愛(め)でる文化のある日本も、ロゼ・シャンパンの人気が高い国だ。大手メゾン(シャンパンの生産者)のヴーヴ・クリコは、04年にノン・ヴィンテージ(通称ノン・ヴィン、NVとラベルに記される。ノン・ヴィンとは、複数年のワインをブレンドしたシャンパンのこと)のロゼ・シャンパン「ローズラベル」を、世界に先行し日本でリリースした。生産地のシャンパーニュ地方は、気候が冷涼でブドウの質が安定しない。そこで、ワインの質を一定に保つため、このような造り方をするのだ。ノン・ヴィンは、ブドウの当たり年に造られるヴィンテージものに比べ手ごろな価格で、ヴーヴ・クリコのこのロゼは大ヒット。商品が足りず、他国でのリリースは2年後になったそうだ。

ヴーヴ・クリコ「ローズラベル」(ブリュット)9460円(10月に価格改定)。ノン・ヴィンの白シャンパン「イエローラベル」に、ピノ・ノワールの赤ワインをブレンドしている

ロゼ・シャンパンは、大きく分けると2つの手法で造られる。1つはアサンブラージュと呼ばれる赤ワインをブレンドする方法。そしてもう1つが、ブドウをつぶし果皮を果汁と共にタンクに入れ浸漬(しんせき)、醸す方法だ。ヴーヴ・クリコによれば、現在、同地方のロゼ・シャンパンの95パーセントは、アサンブラージュ法で造られているという。そして、この方式のロゼ・シャンパンを1818年に初めて造ったのが、同社なのだ。

考案したのは、マダム・クリコ。早世した夫の跡を継いだスーパー女性経営者で、同社を大きく発展させた。当時、出回っていたロゼ・シャンパンは、紫色のエルダーベリーのジュースを白いシャンパンに混ぜたもので質が悪かった。「そこで、彼女は赤ワインをブレンドし、質の高いロゼを生み出したのです。彼女はロゼのような色合いのシャンパンは、人々を引き付けることを知っていたのでしょう」と、ヴーヴ・クリコのワインメーカーであり、研究開発およびワインコミュニケーション責任者のガエル・グーセンスさんは言う。

抜群のビジネスセンスを持ったマダム・クリコは、アサンブラージュ法のロゼ・シャンパンだけでなく、ヴィンテージ・シャンパンも初めて売り出した。瓶内2次発酵を行うシャンパンから、効率的に澱(おり)を取り除く方法の考案も、彼女の功績だ。

ヴーヴ・クリコが6~7月に東京で開催したイベントでは、「ローズラベル」にカモ肉のロースト、ビーツ、イチゴを使った料理を合わせていた(写真はレセプションの料理)

同社には「ローズラベル」より高価格のロゼもあるが、こちらもアサンブラージュ法で造る。グーセンスさんにあえて、なぜ今もアサンブラージュ法を取るのかと聞いてみた。

「スティルワイン(発泡性ではないワイン)のロゼは、だいたい1~3年の間に飲みます。それ以上経つと果実感などが失われてしまうからです。でも、シャンパンは出荷の前に長期間瓶内熟成させなければいけないという規則がある。ヴィンテージ・シャンパンでは最低3年です(ノン・ヴィンでは法定期間は15カ月だが、『ローズラベル』はそれより長く最低3年間瓶内熟成)。私たちのロゼでは、シャンパンにボディーを与えるタンニンを重視していますが、タンニンを醸し法で得るためには7~9日は果皮を浸漬しなければいけない。そんなに時間をかけたら赤ワインができてしまいます」

「ローズラベル」には、白シャンパンにはない、ストロベリーやラズベリーなど赤果実の香りが加わる。「明るい芳醇(ほうじゅん)な味わいを楽しんで」とグーセンスさんは言う。

次のページ
かつてRMはやぼったいと言われていたが…