地方発のブックカフェが東京に 味も品ぞろえも個性的

クリームソーダと季節のパフェが老若男女に人気の「うのまち珈琲店」

昨今のタピオカドリンクバーから立ち飲みバル、アジアンビストロ……。毎年、カフェの新しいトレンドが現れては消える。日本のカフェの歴史は明治以降に始まったと言われるが、そのずっと後、1996年のスターバックス登場後の四半世紀だけでも、「夜カフェ」や「サードウエーブコーヒーチェーン」「昭和の純喫茶」など、5~7年周期でカフェ業界内のプチブームが繰り返されて、さまざまなカフェが話題になってきた。

そして21年、今最も新しいのは「地方発ブックカフェ」である。地方発ブックカフェとは、地方で生まれ、地元の若者に人気となった個性的なブックカフェのことをいう。それが、次々と東京に進出しているのだ。今回はそんな話題の2店を紹介する。

「本好きではない」店主・小田さんのブックセレクトが評判に(撮影時のみマスクを外しています)

一店目は西武渋谷店(東京・渋谷)の地下2階にある「うのまち珈琲店」だ。「うのまち」とは岡山県南部の玉野市宇野を指している。四国や瀬戸内海の島への玄関口、宇野港で知られる町で、「うのまち珈琲店」はここで若者を中心に絶大な支持を得ているブックカフェだ。店名で検索すると、冒頭のクリームソーダの画像が無数に出てくる。

岡山県内に2店、奈良県にも1店あり、奈良での人気も高い。今年7月に初めて西日本を出て東京に進出。渋谷西武の広報担当者が「うのまち珈琲店さんが来てから、お客さまの年齢層が一気に若返ったんです」と話すほど、東京の若い客層も強くひきつけている。

40代後半の筆者も、一度訪れて魅力を実感した。レンガのアーチの入り口をくぐると雰囲気が一転。親しい友人宅で、ふわりと心が落ち着くような空気感にはっとする。明るいインテリアの中に、約1000冊の本がディスプレーされている。

明るい店内は親しい友人宅でくつろぐような気分になる

名物の「うのまちクリームソーダ」(800円)と「クレームブリュレの季節のパフェ」(1000円)を注文し、待つ間に店内を眺めていると、スティーブ・ジョブズの自伝のようなビジネス寄りの本から、お笑い芸人のエッセー、昭和のスポーツ指南書、なぜか今上天皇と皇后の成婚パレードの大型写真集まで……。ジャンルはバラバラで、「なにこれ!」と手にとってしまう不思議なラインアップだ。

次のページ
本を読まないタイプのオーナーでさえ「読みたい」本を
メールマガジン登録
大人のレストランガイド