普段の服はユニクロ 出張にも便利

――遠い国からやってきた笹川さんが、アフリカの衣装をまとって心を通わせてくれる。現地の方は喜ぶでしょう。

「民族衣装で現れると、わっ! とみなさん驚きますね。大統領や首相に会うことも多いのですが、名刺を出すよりも1発で仲良くなれます。村で子どもたちが歌や踊りを披露してくれて、同じ衣装を着ている僕が、踊りの輪に飛び入り参加したり。こちらのブルーのしま柄のガウンはギニアで、薄いブルーはアフリカ中部のチャド。インドはこれまで55回ほど行っていますが、このオレンジの上着は(インド首相の)モディカラー。僕がよく着るピンクと同じモディさんのテーマカラーなんです」

ブルー地にしま模様の生地で直線的に構成したギニアの民族衣装は日本の着物にも似ている
この服は、インドのナレンドラ・モディ首相が愛用するオレンジ色。「僕のピンクと同じですよね」

――新型コロナ感染拡大前は海外での滞在が1年の3分の1くらいという年もあったそうで、かなりハードな出張ですね。着るものはどんな準備をされますか。

「実は普段の僕の服はほとんどがユニクロなんです。ジーンズもカジュアルなシャツも下着もユニクロばかりで、しかもほぼすべて妻がネット通販で買ったもの。僕は着るものにはこだわりがなく、大事にしているポイントといえば機能的であるかどうか。その点でもユニクロはほんとうにすごいと思っていて、出張にも便利です。海外出張の日程は長い時では18日にもなることがありますが、ホテルで洗濯に出したりしないから、ユニクロの下着、シャツ、靴下、すべて18日分を用意して持っていきます。大荷物になりますけど」

「普段の服や下着はすべてユニクロ。妻がネット通販で買ってくれるんです。機能的でいいですよね」
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE
次のページ
寄付文化、もらう側の姿勢で根付く