「若い女子」の偏見を超え起業、AIで最速転職を実現

アジアや米国など海外で育ち、起業した山本さん

人工知能(AI)技術やアルゴリズムなどを活用し、キャリア支援事業を展開するHUPRO(ヒュープロ、東京・渋谷)社長の山本玲奈さん(28)。同社は税理士や弁護士など「士業」や経営管理部門を対象に、マッチング期間が平均21日間という「最速転職」サービスを展開して急成長し、株式公開も視野に入れる。

「若い女の子か、大丈夫なの」。慶応義塾大学時代に転職サービスで起業したが、対面で顧客に会うと、何度もこう言われ、相手にされなかった。試行錯誤を繰り返し、AIなどIT技術をフル活用し、活路を見いだした。新型コロナウイルス下で、非対面によるスピード転職サービスを実現すると流れが変わった。「若い」「女性」という偏見、バイアスを乗り越えて急成長モードに。常に前向きな山本さんの性格は海外で培われたという。

2歳から海外暮らし 13歳で小説家デビュー

「2歳の頃から海外暮らし。失敗を重ねながら、何でも挑戦してきた」。山本さんはこう話す。父親は商社マン。家族でインドネシアやタイ、シンガポールなど東南アジアの国々を渡り歩いた。

長く滞在したのはインドネシアの首都ジャカルタ。小学校の頃までは今ひとつ勉強は好きになれず、自分に自信が持てなかったが、一念発起して小説を書くと評判を呼んだ。13歳の時に書き下ろした「悪霊退治!三人組」を2007年に出版。何と中学生で小説家デビューを果たした。

自己肯定感が増し、何事にも挑戦するタイプになった。地元の日本人学校「JJS」では中学校の生徒会会長も務めた。高校は作文や面接で選抜するAO入試で米ニューヨーク(NY)州の慶応義塾ニューヨーク学院に進んだ。慶応義塾唯一の海外の一貫教育校で、学費は高額と言われるが、奨学金が支給された。

憧れの慶応NYで英語力も身につけ、何事にも積極的に取り組んだ。バスケットボールに水泳、野球部のマネジャー、そして生徒会にも参加。11年の東日本大震災の直後にボランティア団体を立ち上げた。クリスマスには米国人の家庭を回り、歌を歌って寄付を募った。

次のページ
英大で体験 「自ら考え、調べて学ぶ」
ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら