プロのコーデ ブームのニット、大人のコーデ術

《この写真の記事を読む》新鮮ニットがブーム コーデ自在、シルエットで選ぶ

style department_の須山博加さん
「柄や凝ったディテールで差がつきにくいベーシックアイテムこそ、直感的な部分を大切にしてほしいです」
ニット 2万4200円(スティルバイハンド)、Tシャツ 5060円(映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』オリジナル)、パンツ7万5900円(ヘド メイナー)、スニーカー 私物
イスラエル出身のデザイナーが手掛けるHED MAYNERのパンツ。ユダヤの伝統的なテーラリングに着想を得た大胆なシルエットが特徴だ
アウターにはスポーティーなブルゾンがおすすめという。フロントは閉めて防寒対策を。アウター 7万5100円(コントール)
ニット 3万6300円(コントール)、パンツ 3万7400円(コントール)、スニーカー 私物
ニットの裾は軽く上げる程度。あくまで自然にTシャツを見せるのがコツだ
ブラウンのコートと合わせた様子。グレー系のインナーとも相性がいい色味だ。アウター 5万7200円(スティルバイハンド)
ニット 2万6400円(ウェルノード)、パンツ 7万5900円(ヘド メイナー)、スニーカー 私物
ニットの裾部分にはボディーと同色で「W」の刺しゅうが
靴下は軽快な印象の白を選んでいる