2021/10/1

随所に見られるヴィンテージなダメージも見どころ

スリードッツ シティ顔で着こなすには理想的な爽快ブルー

2万900円/スリードッツ(スリードッツ青山店)

全体的に薄く色落ちさせたライトブルーは、武骨というよりクリーンでさわやか。とはいえ、生地は11オンスで厚み&ハリがあるだけに、デニムシャツならではのタフさがにじみます。シルエットは、ワイド感が強め。ルーズなシルエットとともに、ストレッチ性のある生地が着心地としてもリラックス感を提供します。

バグッタ 抜群のバランス感は、さすが伊シャツの名手

2万7500円/バグッタ(エストネーション)

イイ感じに色落ちさせたデニム生地は、ストレッチ性あり。ほどよく厚みもあり、無骨さと快適さを備えるリアルに重宝する一枚です。ボディーにはゆとりを持たせつつも肩幅は極端にドロップさせていないため、大人に似合うゆったりシルエットになっています。艶黒のスナップボタンも、大人顔の要因に。

ラングラー リメイクでウエスタンがモードな顔つきに

1万3970円/ラングラー(リー・ジャパン カスタマーサービス)

2枚のウエスタンシャツを解体して、ドッキングさせたリメイクシャツ。2枚を組み合わせることで、ボディー幅もワイドにエキスパンドされています。襟は削除されスタンドカラーに。ハードな色落ちに加え、裾の擦り切れ感など、随所に見られるヴィンテージなダメージも見どころに。

お問い合わせ

エストネーション/0120-503-971 RHC ロンハーマン/0120-008-752 スリードッツ青山店/03-6805-1704 リー・ジャパン カスタマーサービス/0120-026-1013

*表示価格は税込みです。

写真/人物・HIRO KIMURA(W)、静物・島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 ヘアメイク/向後信行 文/安岡将文 モデル/瀧川鯉斗

LEON

[ウェブサイト『LEON.JP』2021年9月7日公開の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
Instagram
NIKKEI STYLEは日本経済新聞社と日経BPが共同運営しています NIKKEI 日経BPNo reproduction without permission.