絶妙なギャザー使いでリラックス感

ミナミシャツ エレガントでしかも優しそう。そんな柔らかい雰囲気の男性は、女心に響くもの。かまってほしい、甘えたいという女性の本能を受け入れてくれそうな印象は、初手からかなりの好感度をたたき出します。ミナミシャツのこちらのモデルは襟の開きが広く、台襟の部分を低めに設定することで、ドレスシャツよりも柔らかい雰囲気。肩や後ろ身ごろの部分にこまやかなダーツを施すことで生まれる、リラックス感も、余裕のある印象を与え、女心に響きます。

様々な要望に応えられるようアトリエで一貫生産するミナミシャツ。中でもオリジナルカラーのタイプは今人気のモデル。ビスポークシャツ 3万3000円~(仕立て代込み)/MINAMI SHIRTS

まるでナポリあたりのこなれた紳士のようなエレガンスと解放感を感じさせる、今時のシャツスタイルの最先端。こまやかな採寸から生まれる極上の抜け感は、一枚上手な紳士の印象。「……甘えちゃおうかな」と女心を刺激する魅惑の一着です。

背中や肩にかけてのギャザー効果で柔らかい雰囲気に
昔ながらの機械を使い緩やかな風合いを守る、イタリアの老舗Bonfantiの生地がこのモデルにぴったり。3万8500円
清水久美子
ファッションディレクター。大学卒業後、銀座和光を経て、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)入社。25ans(ヴァンサンカン)編集部で活躍後フリーとなり、ラグジュアリーなスタイルを得意とするスタイリストに。男性向けスタイリングの提案、商品企画も手がける。

SUITS OF THE YEAR 2022

3年ぶりの有観客開催となる華やかな授賞式の模様をYouTubeライブで生配信。 スペシャルな受賞者のスーツの着こなしにご注目ください。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE