バケットハット つば短め・広がり控えめで今っぽく

形も素材も様々なバケットハット

全国のアパレルショップの情報を集めたウェブメディア「FACY MEN(フェイシーメン)」。提供元のファッション系ベンチャー、スタイラー(東京・渋谷)が、月間100万人を超える利用者の閲覧情報を分析、次のトレンドを読み解く。




FACY MENの記事閲覧数を分析すると、前回と比べて「アクセサリー」に関する記事の閲覧数が伸びていた。

アクセサリーカテゴリーの中では、「帽子」を取り上げた記事が多く読まれていた。

安定した人気があるベースボールキャップのほかに、今シーズンはバケットハットと呼ばれるタイプを店頭でよく見かける。文字通りバケツをひっくり返したような形が特徴的な帽子だ。アウトドアのシーンで親しまれているバケットハットだが、大人がファッションとして取り入れる際はどう選ぶべきだろうか。今回は素材や色、ツバの長さなどに注目しながら各ショップが薦めるバケットハット3品を紹介する。

どんな顔の形とも相性がいいバケットハット

「バケットハットは、まだそこまで取り入れている方が多くないので、差をつけるには打ってつけのアイテムです。一品取り入れるだけで、コーディネートの鮮度が上がります」

そう話すのは、東京都渋谷区にある「ZABOU(ザボウ)東京」の大井勇人氏だ。「SUBLiME(サブライム)」のバケットハットを選んでくれた。

スポーツ&カジュアルをベースに、帽子やバッグなどファッション雑貨を展開する国内ブランド「サブライム」。薄手のコットン素材を使用したバケットハットは非常に軽いかぶり心地で、くるっと丸めて持ち運べるのも便利。チャコールとブラックの2色がある。SUBLiME/LIGHT BUCKET HAT 3960円

「やや深めのクラウン(頭を覆う部分)に短めのツバが特徴のバケットハットです。比較的ベーシックな形なので、面長の方も丸顔の方もスマートにかぶりやすいですよ」

生地が薄手なので夏場でも蒸れにくく、かぶり心地は快適。気兼ねなく洗濯できるのもポイントだと大井氏は話す。そんなバケットハットをおしゃれにかぶるコツはあるのだろうか。

「普通にかぶるのはもちろん、ツバを上向きに曲げてかぶると見た目にも変化が出ます。視界も広くなりますし、個人的にはおすすめのかぶり方ですね。髪形はあまり気にしなくていいと思いますが、大人の方であれば前髪はしまってかぶるほうがいいと思います」

柔らかく、ライトなコットン素材を使用

チャコールとブラックの2色があり、ブラックの方が人気が高いそうだ。大井氏おすすめのコーディネートも聞いた。

「ゆったりしたカットソーに合わせると、ストリートっぽい雰囲気が強くなるので、シャツスタイルに取り入れたいですね。大人っぽい落ち着いた印象のコーディネートになりますよ」

大井氏が選んだのはチャコールカラー。シャンブレーシャツにミリタリーパンツ、革靴を合わせた大人のアメカジスタイル
次のページ
立体感あるフォルム 夏こそブラックがおすすめ