福島千里さん 陸上人生をかけた挑戦でつかんだ新記録元トップアスリートに聞く(中)

日経Gooday(グッデイ)

陸上競技女子100m(11秒21)と200m(22秒88)の日本記録を樹立してトップを走り続け、2022年1月末に引退を表明した福島千里さん。08年の北京五輪の出場で国内から世界で戦うことに意識が向き、日本選手権では11年から6年連続で100mと200mの2冠を達成した。インタビュー2回目は、16年に6年ぶりに200mで日本記録の樹立につながった、常識にとらわれない練習方法や、18年に環境を大きく変えた理由について語ってもらった。

◇   ◇   ◇

――前回記事(「福島千里さん 日本記録が出ても世界から見ると挑戦者」)では、08年の北京五輪への出場で世界へと視線が向いて、10年から自分で練習メニューを考えてトレーニングされていたと伺いました。16年には200mで現在も破られていない22秒88の日本記録を樹立されましたが、振り返ってみて、大記録を残せた要因は何だと思いますか。

10年から16年のリオデジャネイロ五輪まで、自分で練習メニューを考えてトレーニングしていました。もちろん、育ててくださった中村宏之監督から意見をいただいたり、トレーナーさんにサポートしてもらったり、励まし合えるチームメートがいたりしたことも力になりました。そんな恵まれた環境で挑んだ16年のリオ五輪は、次の東京五輪へのステップではなく、競技人生の集大成としてやり切ろうと決心して挑んだ大会でした。12年のロンドン五輪から14年秋の仁川アジア大会の前まであまり調子が上がらず、焦る気持ちがあったのですが、かなりしっかりと練習したんです。

陸上人生をかけて常識を覆す冬季練習にチャレンジ

――しっかりした練習とは?

筋トレに力を入れて肉体改造をしました。すると、予選落ちもあり得ると思っていたアジア大会の100mでは、100分の1秒及ばず連覇こそならなかったものの、自分の予想を裏切るいい動きで2位(11秒49)になり、肉体改造が間違っていなかったことが分かりました。「練習を変えること」の手応えを得たことで、翌年の世界選手権に向けてのギアが入り、それまでの冬季練習の概念を取っ払って、シーズン中と同じ練習を続けようと決めました。

――通常の短距離の冬季練習はスピードを抑えて距離を延ばして本数をこなし、心拍数や筋持久力を上げる土台づくりのイメージがあります。シーズン中と同じ練習とは、スピードを落とさないトレーニングですか?

はい。寒い中でスピード練習をするとケガをしやすいのですが、インドア競技場[注1]で練習できるメリットを生かして、スピード練習の継続にチャレンジできました。身体的にはつらかったですが、16年のリオ五輪を集大成にするという一心で、目標を貫くことができました。かなり挑戦したシーズンでしたが、通過点である15年の北京での世界陸上の100m予選では11秒23という好記録で3着に入り、2大会ぶりに準決勝へ進出できて手応えを得ました。

世界陸上を終えた後は、再びあのつらい冬季練習を過ごさないといけないという覚悟が必要でした。でも、「もう1年この練習を続けたら私はどう進化するんだろう」という楽しみがありましたね。リオ五輪で絶対に結果を残したいという強い思いと自信を持って冬季練習に入れました。

[注1]前回記事で紹介したが、当時所属していた北海道ハイテクACでは室温が20℃に保たれた直線130mのインドアスタジアムで、季節や天候に関係なく練習ができたという。

――陸上人生をかけた長期スパンでのチャレンジだったんですね。

そうですよね。ダメだったらどうしようという気持ち、進化するかもしれないというワクワク感などいろんな感情を抱きましたが、世界陸上で1つ形にできたという手応えが自信になって練習を続けられたし、リオ五輪の選考会である日本選手権にも自信を持って挑めました。100mで五輪の切符をつかめればいいと思っていたので、先に100mの切符を獲得し、200mは気持ちに余裕を持って挑むことができ、走ったら6年ぶりに日本記録が更新できたという感じです。最後のレースだったので体は疲れていましたが、自己ベストが出たのは練習の成果だと思います。本当にうれしかったし、今思えば22秒88は感慨深い記録で、頑張ったなと思います。

次のページ
五輪後に環境を大きく変えた理由