ハンバーガーがつまみ 飲めるファストフード新顔2店

東京・新橋に登場したしっかり飲めるファストフード店「TREE & TREE’s(ツリーアンドツリーズ)」の「牛筋デミグラス煮込み」。直径約15センチのスキレットにたっぷり牛スジが盛られている。平日は午後2時半以降にオーダーできるメニューだ(土日祝は全日可)

長く続いた緊急事態宣言が明け、ようやく外飲みが楽しめるようになった。ただ、また新型コロナウイルスの感染拡大につながるのではと、外飲みムードはまだ控えめだ。そんな中、お薦めしたいのが「ファストフード飲み」。ファストフード店での外飲みならば、一人でもさくっと楽しめ、密にならず長居もすることがない。しかも、今年これにうってつけの店が相次ぎオープンした。

ツリーアンドツリーズ 新橋で居酒屋利用できるハンバーガー店

まずは、「ドムドムハンバーガー」を運営するドムドムフードサービス(神奈川県厚木市)が今夏オープンした新業態、東京・新橋の「TREE & TREE’s(ツリーアンドツリーズ)」。そして、A5ランクの和牛一頭買いの焼肉業態を展開する平城苑(東京・足立)が初めて手掛けるハンバーガー店、東京・日本橋の「Wagyu Burger (ワギュウバーガー)」だ。こちらは今春オープンした。いずれも、黒毛和牛を使ったハンバーガーが売りの店で、コストパフォーマンスが最高にいい外飲みができるのだ。

近年、ハンバーガーの値段が1個1000円を超えるグルメバーガーが人気を集めるようになるとともに、メニューに酒類が並ぶハンバーガー店が珍しくなくなった。ただ、本当に酒に合うハンバーガーは多くない。当然だ。そもそも、大抵は酒を飲むためのメニューとして開発されているわけではないからだ。

「こぼれ升スパークリング」。フルーツ感があるすっきり飲みやすい辛口スパークリングワイン

ところが、TREE & TREE’sが店を開いたのは「サラリーマンの聖地」である新橋。都内随一の居酒屋の街だ。そのため、ファストフード店としては珍しく「居酒屋」利用もできるユニークな作りとなっている。ドリンクメニューには、生ビールやハイボール、レモンサワーが並び、ドリンクリストにはグラスワインのほか、赤白各5種類ものボトルもそろえる。

出色は、「こぼれ升スパークリング」。グラスを中に置いた升にあふれ出すまで注いだスペイン産の辛口スパークリングワインは、1杯590円。ワインは、通常1本で6杯どりだが、このドリンクでは3、4杯しかとれない。

「安くしすぎたかな」とメニュー開発を担当するドムドムフードサービス取締役部長の浅田裕介さんは頭をかくが、「市場調査をしたところ、グルメバーガーの店ではお酒が1杯800~1000円ぐらいする店が目立った。これだと、ハンバーガーなどを含めると会計時には4000円ほどになってしまい、結局お酒を飲んでいる人は少ないと感じた。立地もあるが、1、2杯飲んでも2000円程度に収まる、ちゃんとお酒を楽しんでもらえる店を出したいと思ったんです」と言う。

当然、フードも「飲めるメニュー」満載だ。この店の看板メニューは和牛100パーセントの「和牛バーガー」なのだが、こちらはいわば「昼の顔」。シャキッとしたレタスとフレッシュなトマトに合うあっさりと健康的な味わいなので、おいしいものの酒には合わない。実は、TREE & TREE’sの酒のつまみ最強メニューは、この「昼の顔」から出た端材を利用したメニュー。「牛筋デミグラス煮込み」(690円)なのだ。

「牛筋は硬いためハンバーガーのパティには使えず、仕込む段階でどうしても『いらない部位』となる。ただ、調理に手間はかかるものの、独特のうま味と甘みがある部位で、捨てるにはしのびなかった。そこで、下ゆでをしてアクや脂を抜き、デミグラスソースで軟らかく煮込んだメニューを開発したんです」(浅田さん)

一皿に使われる牛筋はたっぷり120グラム。これだけで2、3杯酒が飲めそうなボリュームがある。とろとろに煮込まれていて、添えられた甘みのあるバンズとの相性もいい。ちなみにバンズは和牛のしっかりとした食感に負けないようにと「和牛バーガー」のために開発されたもので、小麦粉に米粉を合わせているため少しもっちり感がある。通常のドムドムハンバーガーで使われているバンズの4倍もの価格といい、同店のバンズはすべてこれを用いている。

次のページ
「丸ごと!!カレイバーガー」の衝撃
メールマガジン登録
大人のレストランガイド