「基本的に、どんなお酒でも飲み過ぎたら花粉症には良くありません。ただ、蒸留酒は醸造酒に比べ、酔いがさめやすいので、翌日の症状を悪化させないためには蒸留酒のほうが向いているかもしれません。おつまみは薄味を心がけ、かつ消化のいい軽めのものを選ぶようにしましょう。中でも緑黄色野菜は積極的にとりたい食材です。逆に、脂の多い肉類などばかり食べると、アレルギーを悪化させてしまうので注意が必要です」(大久保さん)

また、おつまみについては、なるべくたくさんの食材をバランスよく食べることが大切だという。

「脂をとる場合は、DHAやEPA、α-リノレン酸をはじめとする『オメガ3脂肪酸』を多く含む青魚や、亜麻仁油などがお勧め。オメガ3脂肪酸には、アレルギーの改善効果が認められています。そして、酔うことよりも、会話を楽しむことに重きをおいて、飲み過ぎに注意しましょう」(大久保さん)

酒を飲み出すと、つい唐揚げなど味の濃いものを選びたくなるが、花粉症のシーズンは青菜のおひたしや、イワシやアジの刺身を選ぶようにしたい。また、日本酒やビールよりも、蒸留酒である焼酎の水割りやハイボールが良さそうだ。

「花粉症のシーズンに限らず、花粉と接する粘膜や肌のケアを普段からすることも、症状を悪化させないポイントです。鼻をかむときはこすりすぎない、そしてティッシュを鼻の穴に詰め込むのも厳禁です。目には見えない小さな傷が、肌や粘膜についてしまうからです。他にも、規則正しい生活を送る、十分な睡眠をとる、ストレスをためない、少し汗をかくくらいの適度な運動をすることも花粉症対策につながります」(大久保さん)

花粉症の症状が出る前から生活習慣を整えておくことが、症状緩和へのカギになるという。心しておきたい。

根治を目指すなら「舌下免疫療法」

こうしたケアに加え、花粉症の最新治療も知っておきたいところ。一発で花粉症が完治するような治療があればいいのだが。

「残念ながら、花粉症は一度の治療で完治することは難しいですね。最新の治療でいうと、薬を飲んでも症状が緩和しない重症の方に向けた抗体治療があります。抗IgE抗体のゾレア(一般名:オマリズマブ) を、2週間または4週間に一度、皮下注射する治療です。ただしこれは重症患者のみが対象で、値段も高価です」(大久保さん)

根本治療を目指すのであれば、「舌下免疫療法」がお勧めだという。

「舌下免疫療法は、アレルギー反応を起こす物質を毎日体に入れる治療法で、通常2~3年程度かかりますが、1年継続するだけでも症状がだいぶ緩和すると言われています。花粉の飛散がなくなった6月ごろからスタートすれば、翌年の服薬量を減らすことも期待できます」(大久保さん)

花粉症シーズンも、外でのスポーツや花見を心から楽しみたいのであれば、舌下免疫療法を検討してもいいかもしれない。治療が終わるまで時間がかかるが、花粉症のしんどさを考えれば挑む価値大である。

コロナ禍は飛沫が気になることから、いつも以上に花粉症のケアが重要になってくる。飲んでいる最中にくしゃみを連発されると、気になって仕方ないからだ。一緒に酒を飲んでいる相手にしかめ面をされないよう、普段からのケアと病院で薬を処方してもらうことを怠らないようにしたい。

(文 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト)

[日経Gooday2022年4月6日付記事を再構成]

大久保公裕さん
日本医科大学大学院医学研究科 頭頸部感覚器科学分野 教授。1984年、日本医科大学卒業。1988年、同大学院耳鼻咽喉科卒業。1989~1991年、アメリカ国立衛生研究所(NIH)留学。帰国後、1993年から日本医科大学医学部講師、准教授を経て、2010年より教授。花粉症、特に舌下免疫療法など、新しいアレルギー性鼻炎の治療法の研究・治療に当たっている。日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会理事長。

名医が教える飲酒の科学

著者 : 葉石かおり
出版 : 日経BP
価格 : 1,650円(税込み)

「日経Gooday 30+」の記事一覧はこちら

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。