花粉症は飲酒でひどくなる? 酔って寝ると症状が悪化

日経Gooday(グッデイ)

もう40年も花粉症で悩んでいる酒ジャーナリストの葉石かおりさん。お酒を飲むと、花粉症の症状が悪化すると感じています。果たして、アルコールは花粉症の症状と関係があるのでしょうか。また、花粉症を悪化させないお酒の飲み方や、おつまみの選び方、そして最新の花粉症の治療法について、日本医科大学大学院教授の大久保公裕さんにお話を伺いました。

◇   ◇   ◇

寝ても覚めても、滝のように流れるサラサラの鼻水。眼球を取り出して洗いたくなるほどかゆい目。そして何とも言えないだるさ……。

本来なら春は気候的にも最高なのに、花粉症の人にとっては「早く過ぎ去ってほしい季節」でしかない。かくいう筆者も花粉症歴40年。症状が出る2月から耳鼻咽喉科に通って飲み薬と点鼻薬を処方してもらい、それに加えて鼻うがいや、花粉症にいいとされる乳酸菌飲料や、かんきつ類のじゃばらのジュースなども摂取して、入念な対策を行っている。

そうやってみっちりとケアをしているのに、酒を飲み出すと、症状がたちまち悪化してしまうのだ。どうやらこれは筆者に限ったことではなく、花粉症持ちの酒飲みは同じような悩みを抱えているようで、SNSにも「酒を飲むと花粉症がひどくなる」「酒と花粉症の薬は相性が悪そう」といった投稿が目につく。

葉石かおりさん最新刊『名医が教える飲酒の科学』

そういえば、休肝日を作るようになってからは、花粉によるモーニングアタック(起床時にくしゃみ、鼻水などがひどくなること)があまりなくなった。目と肌のかゆみ程度で何とか治まっている。ということは、やはり花粉症とアルコールは何かしらの関係があるのかもしれない。

そこで、花粉症に詳しい日本医科大学大学院医学研究科 頭頸部感覚器科学分野の教授で、日本アレルギー協会理事でもある大久保公裕さんにお話を伺った。

花粉症患者が増え続ける背景は?

先生、そもそも花粉症とはいったいどのように定義されるものなのでしょう?

「花粉症は、『症』という文字がついていることからも分かるように、症状を指すもので病気ではありません。その症状は実にさまざまで、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、じんましん、アトピーの悪化など、花粉によって起こる体のアレルギー反応の全てを指して花粉症と言います。これらの症状は、体が異物だと判定した花粉から体を守るための『防御反応』。花粉によって鼻水や涙が出るのは、異物である花粉を体外へ追い出すためなのです」(大久保さん)

体にとっては自分を守るための防御反応なのかもしれない。しかし、人間にとってはQOL(生活の質)も下がってしまう、迷惑な症状でしかない。特に花粉症持ちの酒飲みにとっては。

酒好きも痛めつける、この厄介な花粉症。対処法を伺う前に、敵のことをもう少し知っておきたい。「現代病」とも言える花粉症だが、患者は増えているのだろうか?

花粉症のシーズンにお酒を飲むと、花粉症の症状が悪化すると感じる人は少なくない(写真はイメージ=PIXTA)

「はい、残念ながら花粉症の方は増えています。例えば、スギ花粉症は2008年には人口当たり26.5%だったのが、2019年には38.8%と、10%以上増加しています[注1]。その背景には、戦後に各地に植えた杉が育ち、花粉の飛散量が増えたことがあります。また、かぜなどの軽い感染症に対し、早々に抗菌薬を使ってしまうことも影響していると考えられます」(大久保さん)

抗菌薬は細菌による感染症を防ぐ薬で、かぜの原因となるウイルスには効かない。にもかかわらず、「細菌による二次感染の予防」などの名目で安易に抗菌薬が使われてきたために、体内の細菌叢(そう)が乱れて免疫機構のバランスが崩れ、花粉をはじめとする「自然のもの」に対して防御反応を示すようになったと考えられているという。

「さまざまな抗菌グッズが使われるようになった『クリーン過ぎる環境』もまた、花粉症患者の増加につながっているのではないかとも言われています」(大久保さん)

良かれと思って使っている抗菌グッズが、間接的に花粉症の原因になっていたとは考えもしなかった。

[注1]日耳鼻. 2020;123(6):485-490.

次のページ
アルコールが毛細血管を拡張し、粘膜を過敏にする