オンオフ使える「リラックススーツ」 妥協なき一着はスーツ大賞2021(2)

2021/12/28
MEN'S EX

ライフスタイルの変化に合わせて、市場のスーツがどんどん多様化してきた今、実際に“買い”の1着はどれなのか? 王道のクラシックスーツから今どき高機能ビジネススーツ、休日にも使えるリラックススーツ、コスパに優れたスーツ……。本特集では、事前に各セレクトショップや百貨店に2021年秋冬のイチオシの1着をアンケート。その結果を基に一堂に集めたスーツたちを、ファッション業界のスーツ識者たちとじっくり見ながら大品評会。ジャンル別に、今、買うべきスーツ大賞を選出した。




冒頭の3カテゴリーでは、スーツの2大ご意見番にご登場いただき、実際にスーツの縫製やシルエット、細かなディテールまでじっくりチェックして大賞ラインアップを選定した。

2大ディレクター & M.E.が選定
<中央左>ビームス クリエイティブディレクター 中村 達也さん これまでのMEN’S EXのスーツ特集の座談会には最多登場となるスーツのご意見番的存在、ビームス クリエイティブディレクターの中村達也さん。 <中央右>ソブリン ブランドディレクター 太田 裕康さん ソブリンのブランドディレクターである太田裕康さんは、2021年秋にブランドを一大リニューアルし、大人のクラシックスタイルをけん引。オリジナルスーツ開発にも力を注ぐ。 <右>ファッションエディター 小曽根 広光 MEN’S EX時代にもスーツ特集を数多く担当、ビスポークスーツにも造詣が深いファッションエディター小曽根。 <左>MEN’S EX編集長 平澤香苗 編集長の平澤は、イタリア出張時にビームス中村さんとスーツファクトリーを多数訪問。自身でもイタリアンブランドのオーダースーツを愛用する。 ※座談会は感染対策に配慮した上で、撮影時のみマスクを外しています。

リラックススーツ大賞

仕事服の多様化、オンオフ兼用服の再注目など、現在のスーツを語るうえで欠かせないのがこの分野。人気ブランドのリラックススーツを中村さん・太田さんはどう斬る?

「名門の新境地に拍手を送りたい」ー中村さん

SARTORIO

サルトリオのジャージースーツ

ハンドとマシンをバランスよく配合した新ラインからの一着。ウール・カシミヤ・ポリウレタン三者混のジャージー素材を使用して快適性を高めているが、サルトリオならではの本格仕立てで美しい着姿もキープしている。ジャケットとパンツをそれぞれ単品使いすることも可能で、汎用性も優秀。16万9400円(ストラスブルゴ)

ニット4万6200円/トゥモローランド トリコ(トゥモローランド) 時計80万3000円/ゼニス(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 靴8万3600円/ボードイン アンド ランジ(コロネット) ソックス〈スタイリスト私物〉

ウエストもイージー仕立て=左

ノープリーツのパンツはウエストの背面をシャーリングに切り替えたイージー仕立て。クラシックなサルトリオとしては新機軸だ。

カシミヤ混のリッチな素材=右

ジャージーながらカシミヤをブレンドしているため、ラグジュアリーな風合いに仕上げられている。肌触りも大変ソフトで心地いい。

平澤 今やあらゆるブランドが手がけるリラックススーツ。選択肢が多すぎて、正直迷ってしまいます。

中村 イージーなスーツでも作りの手を抜いていないこと。これが選びの基準だと思います。作りが悪いと、チープな感じが露骨に出てしまう。そういった意味では、サルトリオの新ラインはよくできています。これで16万円台なら納得できますね。カルーゾも同様ですが、これはよりモード的なファッション性を求める味つけかな。それと、チルコロもこんなに柔らかい生地なのにしっかりテーラードのシェイプが出る。クオリティーが高い証拠です。

太田 タリアトーレもこういうスーツを作らせたら絶品ですね。接着芯ながら大変柔らかく、立体的に仕立てられている。価格とクオリティーのバランスが極めて高いと思います。

小曽根 ザ・ジジも独自性があって好きですね。僕のような30代が着てもちょうどいい顔つきで、攻めすぎないモダンさが魅力的です。