『ガイズ&ドールズ』 新演出での気づき(井上芳雄)第117回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。6月4日に佐藤隆紀(LE VELVETS)くん、木下晴香さんと一緒に「日比谷ブロードウェイ」として「日比谷音楽祭2022」に出演。日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)でミッキー吉野さんやMIYAVIさんらとコラボしたり、ミュージカルの曲を歌ったりしました。昨年は無観客のオンライン開催でしたが、今年はお客さまがびっしり入られて、客席の盛り上がりが伝わってきて、とても楽しい一夜でした。6月9日からは帝国劇場でミュージカル『ガイズ&ドールズ』が開幕。ブロードウェイの演出家マイケル・アーデンが日本で初めて手がける演出作です。稽古中の緻密な指摘にいろんな気づきがありました。

「日比谷音楽祭2022」で6月4日、野音での「Hibiya Dream Session 2」に出演した日比谷ブロードウェイ(左から佐藤隆紀(LE VELVETS)、木下晴香、井上芳雄)(C)日比谷音楽祭実行委員会

日比谷音楽祭は、日本の野外コンサートの歴史をつくってきた音楽の聖地「野音」を擁する日比谷公園で、いろんなジャンルの音楽を無料で体験できる音楽イベントです。無料での開催は、クラウドファンディングや企業の協賛、助成金によって実現しています。音楽プロデューサーの亀田誠治さんが開催を呼びかけて実行委員長となり、2019年に始まりました。今年は6月3~5日に開催されました。

僕たち日比谷ブロードウェイが出演したのは6月4日、19時から催された「Hibiya Dream Session 2」のステージ。亀田さんを中心に日比谷音楽祭のために結成されたスペシャルバンド「The Music Park Orchestra」が石川さゆりさん、EXILE SHOKICHIさん、KREVAさん、SKY-HIさん、日比谷ブロードウェイ、ミッキー吉野さん、MIYAVIさん、やのとあがつまさん(50音順)を迎えてのスペシャルセッションでした。

日比谷ブロードウェイは、音楽祭に来られた方にミュージカルの魅力を知ってもらおうと、僕がリーダーのような形でミュージカル俳優が集ったユニットです。メンバーは毎年違いますが、最初の年から続けて参加させてもらっています。

今年歌ったのは、まず『銀河鉄道999』。ゴダイゴのリーダーでこの曲の編曲をされたミッキー吉野さん、ギタリストのMIYAVIさんとのコラボでした。僕は初めて歌ったのでリハーサルから緊張しましたが、曲がすごくよくて洗練された乗りがあって、MIYAVIさんのギターもかっこいいし、本番では存分に楽しめました。この音楽祭の醍醐味の一つは、普段は出会わないジャンルのミュージシャンと同じステージに立てること。それを初めて体験した佐藤くんや晴香さんが「楽しいですね」と言いながら、ライブならではの乗りに盛り上がっていたのがうれしかったし、1人でも多くのミュージカル俳優にこの経験をさせてあげたいという気持ちにもなりました。同じ音楽といっても、いろんなジャンルがあって、そのどれもが素晴らしいことを体感できる貴重な機会ですから。

もう1曲はミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』から『トゥナイト』を歌いました。今年新しいバージョンの映画が公開されて話題になったし、男女3人でも歌えるデュエット曲で、亀田さんも「すごく好き」とおっしゃっていたので選びました。夜になった日比谷公園の野外ステージで歌うのは、とても気持ちよかったです。

そして「Hibiya Dream Session 2」のアンコールでは、劇団四季の岡本瑞恵さんが登場してミュージカル『アナと雪の女王』から『レット・イット・ゴー~ありのままで~』をソロで歌ってくれました。劇団四季の俳優さんが、いろんなジャンルのミュージシャンが出る音楽祭に出演されるのはあまりなかったことなので、画期的な出来事ではあります。亀田さんやスタッフの方と話し合ったときに、「世代やジャンルや好みを超えて様々な音楽に出会える開かれた音楽祭だから、同じミュージカル界といっても、普段なかなかご一緒できない人に出てもらえたらいいですね」と言っていたことの第一歩が実現しました。亀田さんと一緒に曲の前ふりをやらせてもらったり、岡本さんともいろいろお話できて、うれしかったです。音楽祭にはいつもと違う環境で歌うことの素晴らしさもあるし、その場だからこそ出会える人たちがいるのも大事なこと。また来年以降も参加できれば、第二歩、第三歩とできることや出会える人が増えていくのが楽しみです。

当日はすごく天気がよくて、気持ちのいい夜でした。お客さまも、もちろんまだマスクをしたり、歓声を上げられなかったりではありますが、びっしり満員で入っていて、すごく盛り上がってくれました。日比谷公園にもたくさんの人がいました。3年前の第1回はそういう感じだったと思い出して、コロナ禍もだんだん落ち着いてきて、少しずつ元に戻ってきたなと思いつつ、音楽祭ならではの雰囲気に浸っていました。

「日比谷音楽祭2022」6月4日、野音での「Hibiya Dream Session 2」の出演者たち(C)日比谷音楽祭実行委員会
次のページ
本物のブロードウェイの舞台を見るような光景