チャールズ国王、即位宣誓の腕に「お気に入り」の時計

2022/9/19
英国のチャールズ国王(手前)は10日、即位を宣誓した。後方はウィリアム皇太子(左)とカミラ王妃(c) Getty Images

英国で10日、王室の諮問機関による王位継承評議会がロンドンのセントジェームズ宮殿で開かれ、8日死去した女王エリザベス2世から新国王チャールズ3世(73)への王位継承が宣言された。チャールズ国王は即位を宣誓。この際、時計愛好家の間で国王が身に着けていた腕時計がちょっとした話題になった。




チャールズ国王が選んだのはスイスの高級腕時計「パルミジャーニ・フルリエ」の「トリック クロノグラフ」。20年ほど前に購入したとされるお気に入りの時計だそうだ。

トリック クロノグラフは1998年の発売で、トリックコレクション初のクロノグラフ。ケース径は40mmで18Kイエローゴールド製、リューズは磨かれたカボションサファイアだ。刻みのある二重の装飾ベゼルが文字盤をぐるりと囲む。1時と2時の間に日付の表示窓があるのが特徴的。スポーティーな機能を持ちながら品格や威厳があり、クラシックな風貌が際立つ時計だ。

英国のチャールズ国王は品位を感じる「トリック クロノグラフ」を長年愛用している

購入当時は皇太子だったチャールズ国王は王室がスキーなどを楽しむために冬休みを過ごすスイスのリゾート地で入手したといわれる。

チャールズ国王は自然農法による食材を好む一方、古いジャケットにパッチを当てながら大事に着用することでも知られる。この時計も公式行事などでたびたび身に着けており、良質なものを長く愛用するサステナブル(持続可能)な装いの精神を表している。

エリザベス2世の葬儀は19日、ロンドンのウェストミンスター寺院で執り行われる。


Watch Special 2022

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2022」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2022はこちら