2022/5/2

多くの地域で、森林はもはや自力で回復できない状態になりつつある。世界でも指折りの見事な森林でさえ例外ではない。姿を変えつつある森や、再生の望みが完全に断たれた森もある。

気候変動の影響

過去1万年間に地球の森林面積の3分の1が失われたが、そのうちの半分は1900年以降に消失した。私たちは木材として利用するためだけでなく、農地や放牧地の造成、住宅や道路の建設のためにも木を切る。森林伐採は世界的には1980年代をピークに減少している。しかし、地域によって事情は異なる。インドネシアでは、アブラヤシのプランテーションを造成するために大規模な伐採が行われていたが、2016年以降は下火になった。一方、ブラジルのアマゾン川流域では2020年8月から21年7月までに1万3000平方キロの熱帯雨林が失われた。前年度と比べると、消失した面積は22%増えている。世界では1990年以降、米国全土の森林面積を上回る広さの森が伐採されてきた。

加えて、今は化石燃料の燃焼による排出ガスも森林を変えつつある。世界の樹木は知られているだけで7万3000種にのぼると推定されるが、二酸化炭素などの温暖化ガスの排出により地球温暖化が進むにつれ、一部の樹種は周りの動植物を引き連れて、今より高緯度の地域、あるいは標高の高い場所へ分布域を変えつつある。ハンノキやヤナギ、ヒメカンバは北極圏の広い範囲に進出している。樹木が光合成に使う大気中の二酸化炭素が増えたおかげで、成長が早まり、地球の“緑化”が進んでいる。この現象は今のところ、気候変動の進行を抑制する効果をもたらしている。

その一方で、気候変動は木々を枯らしてもいる。森林火災、勢力を増した暴風雨、害虫のまん延、そして何より、これらすべての影響に拍車をかける猛暑と干ばつ。こうした極端な現象が頻繁に起こるようになり、森林学者たちは懸念を募らせている。観測記録を塗り替えるような異常気象や異変は、樹木の大量枯死を引き起こし、最終氷期の終わりから現在まで地球を広く覆ってきた森林の姿を一変させかねない。

「今は地球上の木の成長と、樹木による二酸化炭素の吸収を促す仕組みが働いています」と生物学者のウィリアム・アンデレッグは話す。しかし、この仕組みは「森林を消滅の危機に追いやる仕組みと激しくせめぎ合っている」という。「枯れる木が増えれば、大気中に放出される炭素も増えます」

世界の森林面積は40億ヘクタール、樹木の総数は3兆本にのぼるとみられている。すでに失われた森林はそのごく一部にすぎない。今はまだ森林を脅かす主要な要因は伐採と開墾だが、気候変動の脅威は急速に増大している。「気候変動の影響が今後どの程度高まり、いつほかの要因を追い抜くのでしょうか」。そう問いかけるのは、人工衛星を利用して森林の状態を監視している米メリーランド大学のマット・ハンセンだ。

その疑問を解明するうえで問題になるのは、地球規模の気候変動の影響をまだ数量化できていないことだ。衛星データを見ると、木々に覆われた地表の面積は1982年から2016年にかけて7%増えている。だが、このデータでは天然林と人工林が区別されていないし、伐採によって失われた森林と、気候変動の影響で失われた森林も区別できない。

気候変動で世界の森林がどう変わるか、そして森林に貯留された炭素の放出が気候にどんな影響を与えるか。それを予測できる数値モデルはまだ開発されていない。

樹木の数以外にも重要な点はある。気候変動は局地的には森林を急激に変えてしまう。森林保護の政策が実施されている地域でさえ例外ではない。木は古くて大きいほど蓄えている炭素の量が多く、生物多様性の保全に果たしている役割も大きい。だが、いったん枯れたら、取り戻すのは至難の業だ。「代わりの木はまず育ちません」。米地質調査所の名誉科学者であるネート・スティーブンソンはそう話す。

人と木は切り離しがたく結びついている。私たちの遠い祖先は樹上で暮らし、やがて地面に下りて、木を使って火をおこすことを覚えた。木は食べ物と住まい、そして薬を与えてくれる。自然の素晴らしさに触れ、創造的なひらめきを得るためにも、木はなくてはならないものだ。

(文 クレイグ・ウェルチ、日経ナショナル ジオグラフィック)

[ナショナル ジオグラフィック 日本版 2022年5月号の記事を再構成]

ダイジェストで紹介した記事は、ナショナル ジオグラフィック日本版2022年5月号の特集「未来に残す世界の森林」です。このほか、山形県の白川湖に現れる水の中から木々が生えているかのような幻想的な光景、米ミネソタ州にある樹齢400年ほどの松林、常緑樹の森に生える白い葉を茂らせたセコイアなど、まるごと一冊、森林について取り上げています。 Twitter/Instagram @natgeomagjp

ナショナル ジオグラフィック日本版 2022年5月号<特製付録付き>[雑誌]

著者 : ナショナル ジオグラフィック
出版 : 日経ナショナル ジオグラフィック
価格 : 1,280 円(税込み)