MEN’S EX

2022/8/22

Question テーラードジャケットは重くて暑そう…

「清涼」は「重量」との戦いである

「薄さ、軽さ」は夏の暑さを軽減してくれる。本格仕立てのテーラードジャケットであっても、副資材を極力省いたアンコン仕立てのモノなら、猛暑の夏を涼しく、快適に乗り切ることができる。上品見えする、名ブランドの秀逸モデルを厳選。

アンコンでも着映えするU-500gテーラードJKを厳選

BARBA(バルバ)

涼やかな風合いをたのしむ3者混のネイビーチェック

清涼感のあるリネンに、綿とポリエステルを混紡し、シワ加工を施した風合いが目を引く2Bジャケット。ゴージ位置を高めに設定したことで、顔周りに存在感が生まれる。サイドベンツで裾さばきも軽快。6万9300円(ストラスブルゴ カスタマーセンター)

RING JACKET(リングヂャケット)

汚れにくい撥水加工で美しい色を長くたのしめる

淡いベージュの色合いが涼やかな新型2Bジャケットは、ロロ・ピアーナ社の4者混生地、レインシステムを採用。撥水(はっすい)加工で水気や汚れが付きにくいのもうれしい。裏地、芯なしの超軽量仕様。11万円(リングヂャケットマイスター206 青山店)

T-JACKET(ティー ジャケット)

粗野なリネンの風合いを柔和なトーンでたのしむ

爽やかな中にも、色気が漂う白に近いエクリュカラーのシアサッカージャケットは、レーヨンにリネン混紡のざっくりとした風合いが魅力。シャープな2Bで、カジュアルな2パッチポケットにノーベント仕様となる。5万9400円(グジ 東京店)

SARTORIO(サルトリオ)

良質なカシミヤを極限まで軽量に仕立てる

静かに主張する微光沢のネイビーは、カシミヤ100%のぜいたくな風合い。段返り3Bで裏地は袖のみとし、軽く涼やかな着心地。ゴージ位置を高めに設定し立体的なシルエットを強調。19万9100円(ストラスブルゴ カスタマーセンター)

LATORRE(ラトーレ)

今夏、イタリアの色気はグレーリネンで醸す

最軽量モデルとして人気の「デコ」の胸ポケットをバルカポケットに変更したモデルがこちら「D84」。涼やかなライトグレーのリネン素材が軽やかでスマートな印象に。シャープな2Bにサイドベンツ仕様が軽快に見える。8万6900円(グジ 東京店)

ISAIA(イザイア)

見るもの全てを引き込むイタリアンシルクの輝き

艶やかな光沢をたたえる生地はぜいたくなシルク100%。ラペルとフロントにのみ芯地を残しているため、通常のアンコンよりも立体的なシルエットに。可動域を広げる前振り袖が、快適な着心地を実現。30万8000円(イザイア ナポリ 東京ミッドタウン)

※ジャケットの重さは、サイズ48のものを測定

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE
次のページ
Question ノータイだとさえない装いになってしまう…