日経xwoman

「復職の意欲」をアピールするには

―― その後、つわりが収まって通常通りに働き、産休前に業務の引き継ぎなどを行うと思いますが、「復帰の意欲」を上司にアピールするために何かできることはありますか?

藤井 一番は上司と復帰後について、きちんと相談しておくことですね。復帰したら、「仕事は今まで通りにやっていきたい」という意思を伝えてください。例えば、「仕事はずっと続けていきたいですし、皆さんの役にも立ちたいし、キャリアアップもしたいです」と。また、どういうふうに両立しながらやっていくのか、キャリアアップの計画などの相談を必ずお休みに入る前にされるといいかと思います。

―― 例えば、自治体の子育て支援制度を使ったり、祖父母が手伝ってくれたりする予定なども伝えたほうがいいですか?

上司を安心させるために伝えること

藤井 そうですね、自分が置かれている客観的状況を伝えるのも手です。「○○が手伝ってくれるので、残業もこの程度だったらできます」などと言うと、上司も安心して仕事を任せられると思います。

―― 産休入りしてから、やっておいたほうがいいことはありますか?

産休・育休のブランクが心配なときは

藤井 もちろん産休や育休は子どもを産んで育てるのがメインなので、一概には言えませんが、産休・育休を利用して、業務に関連した勉強をしている方の話も聞きますよ。

もしブランクが不安でしたら、勉強することを上司に言うのもありです。「せっかくのお休み期間中、子育てはもちろんありますが、こういう機会でもないと、勉強ができないと思いました」とアピールするのも手。「お休み中に何か学んだほうがいいことはありますか」と上司に聞いてみるのもいいかもしれません。

社内ネットワークを大事にする

藤井 お休み中は、社内状況が変わっているかもしれないので、社内ネットワークを大事にしておきましょう。同じ部署の人や同僚と軽い形で構わないので、コミュニケーションを取っておくんです。流れてくる一斉メールも見ておくと、情報がキャッチできますよ。復帰したときに浦島太郎状態になると、景色が変わっていてつらいので、自分を助けるためにも入ってくる情報だけでもチェックしておくといいでしょう。

―― 社内情報をキャッチするのは習慣になっているので、そこまで心配ないと思っているのですが。

藤井 最初の頃はいろいろと情報が入ってこないと不安なのですが、その生活に慣れてきたり、育児が大変だったりすると、意外と会社のことは忘れてしまうこともあるんです。もちろん、産休・育休中に仕事を休むことは当然ですが、不安な方は定期的にかかわりを持つといいですね。

後編では産休入りするときや出産したとき、育休から復帰したときの報告の仕方を藤井さんに教えてもらいました。

続きの記事はこちら。※NIKKEI STYLEから他のサイトに飛びます。
産休・育休 職場に迷惑が掛かる報告&余計な一言」へと続く

(取材・文 齋藤有美=日経xwoman doors)