白パンツの遊びコーデ 「秘訣は2色使い」石津祥介氏今こそ楽しむ白パンツ(下)

「白は無地だからこそ柄物ジャケットを合わせたくなります」と話す安藤健治さん(左)に「色を盛りすぎてはダメだよ」と石津祥介さん(東京都港区の石津事務所で)

白パンツを楽しむ企画の後編は、服飾評論家の石津祥介さん、外資系金融機関に勤める安藤健治さんとともに、カジュアルな着こなしの工夫や色合わせを考える。そもそも白は何でも合わせやすい色だと思いがちだが、そこに落とし穴がある。中高年はパステルカラーを合わせるケースが多いが、人によってはそれもNGとなる。洗練された白パンツのカジュアルスタイルの法則は「2色使い」にあるそうだ。




「白パンツにパステルカラー」にはリスク

――真っ白なパンツは何にでも合いそうだと思い込んで、カジュアルなシーンでパステルカラーを合わせてみると、どうも子供っぽく見えてしまう。そんな悩みもあるようです。

石津「まず繰り返すけど、白パンツコーデの鉄則は純白を選ぶこと、そして、コーデには細心の注意を払わなければならない。大事なのは色。色をたくさん入れてはいけない。せいぜい2色だけ。色を盛りたがると失敗するよ」

――たとえばブルーと白、などですね。黄色と白、とか。

石津「黄色ね、うーん……。パステルカラー、サーモンピンクや淡い黄色は安易に手を出すと失敗します。中高年でよくやっている人がいるのだけど、洗練された見た目に仕上げるには、かなり上級テクニックが必要な色合わせなんだ。むしろ僕なら、鮮やかな緑とか、ピンクでもショッキングピンクなんかを合わせる。ビビッドでパッションを感じる色の方が今っぽいのよ。パステルなポロシャツに白パンツって休日に中高年がよくやっている格好だけど、平凡に見えるよね」

――白だけでまとめるのも格好いいですよね。

石津「そう。全部白っていいよね。白はパンツ1つとってもトーンが微妙に異なるでしょ。白のトーンや素材を変えて組み合わせるとしゃれている。僕はいろんな色の中でもグレーが一番好き。自分で買い足すアイテムも白から黒までの間で買う。それを白パンツの差し色にするんだ」

「僕は全身白のコーデが好き。トーンや素材が異なる白を組み合わせると上品だ」

――安藤さんが白パンツをはくときのコーディネートの法則はありますか。

安藤「僕の法則はまず、全部白。次に靴、ベルトや帽子などに紺を挟み込んでいく、紺×白×紺、遠くから見たらボーダーに見えるようなやり方も好きです。あと、パンツの白だけを目立たせるために、それ以外はすべて紺にする、ということもあります。白って何でも合わせられるだけに、面白い、しかも無地だから、チェックのジャケットを合わせてもいいし、ストライプのジャケットでもいい。シンプルなだけに柄を合わせたくもなりますね」

次のページ
すっきり見える2色使い まとまり抜群