日経Gooday

答えと解説

正解は、(3)背景に女性ホルモンの急激な減少がある です。

中高年になると全身のあちらこちらに出てくる、関節の悩み。特に更年期以降の女性に多いのが、手指の痛み、しびれ、起床時のこわばりとともに指が変形する、手の変形性関節症です。

写真はイメージ=123RF

四谷メディカルキューブ 手の外科・マイクロサージャリーセンター長の平瀬雄一氏によると、手の変形性関節症は、症状がある場所によって名称が異なり、一番多いのが、指の第1関節に起こる「へバーデン結節」。これに第2関節の「ブシャール結節」、親指の根元の関節に起こる「母指CM関節症」を合わせた3つが、代表的な手の変形性関節症です(図1)。そのほかに更年期に多いものとして、手のしびれを起こす「手根管症候群」、指の曲げ伸ばしが困難になる「ばね指」、親指側の手首が腫れて痛む「母指ドケルバン病」などがあります。

図1 手の変形性関節症が起こりやすい場所

番号は頻度が多い順を示す。

「いずれも手の痛みやしびれ、こわばりから始まります。関節が変形するのは、最初の指のこわばりを感じてから7~10年後のことです。よくあるのは、初期症状に気づき、関節リウマチを疑って受診するパターンです。しかし、関節リウマチと違い、変形性関節症は血液検査で異常がなく[注1]、初期のうちはX線検査でも関節の変形が確認できません。そのため、『年齢のせいだろう、使いすぎだから仕方ない』と我慢して過ごす人が多く見られます」と平瀬氏は話します。

手関節の変形の原因は「年のせい」「手の使いすぎ」とは限りません。「受診者のほとんどは更年期、あるいはそれ以降の女性です。女性の中でも若い人の発症はまれで、かといって80代、90代の高齢女性にも多くないため、必ずしも加齢とともに増えるとは言えません。また、手の変形性関節症は、左手の薬指から始まることもありますが、この指だけをよく使う人はいません。つまり、手の使いすぎで起こるとも限らないわけです」(平瀬氏)。

背景にエストロゲン分泌量の急激な低下

平瀬氏によると、手の変形性関節症の真の原因として最近考えられているのが、女性ホルモンの1つ、エストロゲン分泌量の急激な低下です(図2)。「エストロゲンは、全身の『エストロゲン受容体』と結合することで機能します。エストロゲン受容体にはαとβがあり、αは子宮や卵巣、乳腺に、βは骨や関節などに存在します。閉経してエストロゲンの分泌量が下がると、結合するはずのエストロゲン受容体に空席ができ、バランスが乱れてさまざまな不調をきたします。これが更年期障害です。手の関節に起こる症状もその1つで、関節や腱の周囲にある滑膜という薄い膜が腫れ、やがて変形するようになります」(平瀬氏)。

図2 女性ホルモンの変動と手指の痛み・変形の割合の関係

棒グラフは、第2関節の痛み・腫れ・変形を訴えて四谷メディカルキューブを受診した人の年齢別人数(2010~2013年、外傷や関節リウマチは除く)。エストロゲン分泌量が減少する更年期に多い傾向がある。(提供:四谷メディカルキューブ 手の外科・マイクロサージャリーセンター)

変形性関節症をそのまま放置すると、多くの場合は軟骨がすり減って関節の隙間がなくなり、骨同士がぶつかって削れ、変形は次第に進んでいきます。早めに発見すれば変形を抑えることも可能なので、手指の痛み、しびれ、起床時のこわばりなどを感じたときは、早めに受診しましょう。

「日本手外科学会が認定する手外科専門医は全国に1000人以上いるので、学会ウェブサイトの専門医名簿が参考になります。ただし、手外科では外傷や先天異常、腫瘍なども扱うため、指の変形性関節症を専門とする医師とは限りません。変形性関節症を診療しているかどうか、医療機関のウェブサイトを確認してから受診するといいでしょう」と平瀬氏はアドバイスしています。

[注1]関節リウマチで第1関節に症状が現れることはほとんどないため、1カ所でも第1関節に症状があり、ヘバーデン結節が疑われれば関節リウマチはほぼ否定される。他の関節の場合は、血液検査で関節リウマチに特異的な項目(抗CCP抗体など)の数値が高ければ関節リウマチと診断される。

この記事は、「女性に多い『手の変形性関節症』 背景に女性ホルモンの減少」https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100023/121000095/(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。

[日経Gooday2022年4月25日付記事を再構成]

「日経Gooday 30+」の記事一覧はこちら

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。